ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年10月3日 / ページ番号:C089513

岩槻消防署からのお知らせ(令和4年度)

このページを印刷する

消防協力団体に対して消防署長表彰を実施しました

 令和4年5月27日(金)曙ブレーキ岩槻製造株式会社において、4月26日(火)に同事業所内で発生した救急事案の救命処置の協力に対し、小山岩槻消防署長から表彰状を授与しました。

 事業所内で作業していた従業員が突然倒れ、心肺停止となった救急事案で、現場に居合わせた同僚や救護室の保健師が冷静かつ勇気ある行動により、119番通報、胸骨圧迫及びAEDを使用した「強固な救命の連鎖」が途切れることなく実施され、傷病者の救命と社会復帰に至ったものです。

 この功績に対し、小山岩槻消防署長から「曙ブレーキ岩槻製造株式会社」様に表彰状を授与したものです。

表彰状授与式の様子

     【表彰状授与式の様子】

集合写真

       【集合写真】

消防団協力事業所表示証交付式を実施しました

 令和4年6月10日(金)岩槻消防署において、6月1日付けで「消防団協力事業所」として認定を受けた「南日本運輸倉庫株式会社」の「首都圏総合物流センター」「埼玉物流センター」に対し、小山岩槻消防署長から消防団協力事業所表示証を交付しました。

 消防団員の減少と相まって、団員のサラリーマン化の進展により、特に平日の昼間の消防団消防力の低下が危惧されています。

 岩槻消防署では、区内の事業所に対して消防団員確保の協力を依頼していたところ、「南日本運輸倉庫株式会社」の2事業所から6名もの従業員の方々に入団していただいたことから、「消防団協力事業所」として認定に至ったものです。

 今後も、事業所と連携を図りながら、積極的に消防団員確保に取り組んでまいります。

表示証交付の様子

      【表示証交付の様子】

集合写真

         【集合写真】

岩槻少年消防団入団式を実施しました!

 岩槻消防署は、6月25日(土)令和4年度岩槻消防署少年消防団入団式を実施しました。
 小学4年生が3人、小学6年生が1人の合わせて4名が新たな仲間となり総勢21名となりました!将来、地域における防火・防災の担い手となれるよう、職員一丸となり育成指導に励みます。 

入団式の様子

     【入団式:ちょっぴり緊張!】

集合写真
    【みんな頼もしいです!】
煙体験
     【煙体験をしました!】

消火

        【消火成功!】

  岩槻少年消防団研修を実施しました!

 岩槻消防署は、8月19日(金)令和4年度岩槻消防署少年消防団研修を実施しました。
 今回は少年消防団員のうち、小学生を対象とした応急手当の必要性、心肺蘇生法(実技)及び三角巾を用いた外傷処置(実技)を学びました。

講義を受けてます。

   【応急手当の必要性を学んでいます】

心肺蘇生法1

      【心肺蘇生法(実技)1】

心肺蘇生法2

    【心肺蘇生法(実技)2】

三角巾の使い方

    【三角巾の使い方を学びました。】

消防協力者に消防署長表彰を実施しました

 令和4年9月6日(火)及び9月12日(月)岩槻消防署において、8月2日(火)に区内で発生した火災事案の協力者に対し、小山岩槻消防署長から表彰状を贈呈しました。
 火災発生場所付近の会社に勤務する佐藤 伸二様、大熊 和宏様と近隣住民の石山 透様が火災を発見し、相互に協力して119番通報及び初期消火を行い、消防隊到着時には、鎮火状態にまで至っていたものです。
 この功績に対し、小山岩槻消防署長から3名の方々に表彰状を贈呈したものです。 

授与者
    【表彰状贈呈の様子】

授与者2
      【大熊様(写真中央左側)】

      【佐藤様(写真中央右側)】

授与者3
     【表彰状贈呈の様子】
授与者4
     【石山様(写真中央左側)】


                                                        

この記事についてのお問い合わせ

消防局/岩槻消防署/管理指導課 
電話番号:048-749-0119 ファックス:048-749-0120

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る