ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年7月18日 / ページ番号:C073954

新型コロナウイルス感染症の影響による令和2年度の狂犬病予防注射について

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症の影響による令和2年度の狂犬病予防注射の接種時期について

狂犬病予防法では、狂犬病予防注射を毎年4月1日から6月30日の間に打たなければならないと規定されておりますが、令和2年度の注射については、厚生労働省から「新型コロナウイルス感染症の影響でやむを得ない事情がある場合に限り、令和2年12月31日までに狂犬病予防注射を接種すれば、法の定める期間内に実施したとみなす。」との通知がありました。

狂犬病の予防接種がまだお済みでない犬の飼主の皆様におかれましては、本通知に基づき、令和2年12月31日までに接種していただきますようお願いします。

ojiginuu

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/動物愛護ふれあいセンター 
電話番号:048-840-4150 ファックス:048-840-4159

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る