ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年9月24日 / ページ番号:C041069

畑のコウボパン タロー屋

このページを印刷する

タロー屋外観写真
木のぬくもりを感じる外観

浦和区大東の住宅街にあるパン工房。
大きなガラス窓と木のぬくもりを感じる外観が、印象的なお店。

酵母の風味を活かしたパン作りがこのお店の特徴で、その酵母は主に自家菜園の果実や花、野菜などから起こす。
「10年近く前に、友人から酵母の起こし方を教わり、身近にあるものですごく元気な酵母を起こせることを知った」というオーナーの星野さん。
地元で開業したのも、実家や親戚宅の庭・菜園に、元気な酵母の素材となる多くの果樹があったからだという。

キンカン酵母のコンプレの写真
重さ2キログラムにもなるキンカン酵母のコンプレ
天然酵母を使用したパンの写真
お昼前には売り切れてしまうことも。メールでは前日までに、
電話では当日の8時30分から予約することができます。
また、通パン(通信販売)で購入することもできます。

原材料は、小麦、塩、水、酵母のみ。
シンプルな配合だからこそ、酵母の風味で季節を楽しむことができる。
四季折々の素材から起こす酵母の数は、およそ50種類。
春はサクラやシャクナゲ、夏はラズベリーやラベンダー、秋はキンモクセイ、冬はレモンやキンカンといった柑橘類、などなど。
その時季に採れる素材を使うため、「年間を通した定番はないんです」と、星野さんは胸を張る。

色鮮やかな酵母の瓶の写真
色鮮やかな酵母
(手前から、リンゴ、キンカン、奥の3つは種類の異なるレモン)
オーナーの星野さんの写真
酵母やパンについて、丁寧に説明してくれるオーナーの星野さん

開業する前にデザイン業を手掛けていたという星野さん。
自家菜園で果樹を育て、その素材から酵母を起こし、パンを焼く。
全ての工程が手作りで、職人としてのこだわりが感じられるお店だ。

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る