ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年7月5日 / ページ番号:C089827

(令和4年7月4日記者発表)さいたま市立博物館で「夏休み子ども博物館」を開催します

このページを印刷する

さいたま市立博物館で「夏休み子ども博物館」を開催します

さいたま市立博物館では、「夏休み子ども博物館」として、「さいたま市の位置と様子」「さいたま市の鉄道と道路」など7つのテーマ展示や、土器づくり、まが玉づくりなどの32の体験講座を実施します。
自由研究の題材やヒントとして活用できる内容とすることで、夏休みの小・中学生の「学び」を支援します。 

夏子博1 夏子博2

  1. 会期等

    1. 展示期間:令和4年7月16日(土)~8月28日(日)
    2. 開館時間:9時~16時30分
    3. 入館料:無料
    4. 休館日:月曜日(7月18日は開館)、7月19日(火)、8月12日(金)
  2. 会場

    さいたま市立博物館 特別展示室 (大宮区高鼻町2-1-2)

  3. 展示内容

    1. さいたま市の位置と様子
    2. さいたま市の発展につくした人物
    3. さいたま市の鉄道と道路
    4. さいたま市の街道
    5. 縄文時代のさいたま市
    6. さいたま市の「SDGs」
    7. 世界にほこるさいたま市の「ものづくり」
  4. 体験講座

全32講座
講座の詳細・申込方法は、別添のパンフレットを参照ください。
申込締切:7月7日(木)

  1. 【展示】「世界にほこるさいたま市の『ものづくり』」について

リーディングエッジ「さいたま市リーディングエッジ企業(※)」との連携

日本の企業の「ものづくり」における技術は、各分野で世界でもトップクラスの優位性を誇っており、私たちの便利で豊かな生活を支えているものが数多くあります。
「さいたま市リーディングエッジ企業」とは、さいたま市が認証する独自の研究開発力・技術力を武器に新製品を生み出す先端ものづくり企業の称号です。
「夏休み子ども博物館」では、さいたま市リーディングエッジ企業と連携し、「世界にほこるさいたま市の『ものづくり』」の展示を行い、子どもたちに市内の企業の技術が世界中のあらゆる場面で活躍していること、その技術が身近で便利なくらしを支えていることなどへの「気付きの場」を創出し、本市への愛着と誇りを育みます。

<世界にほこるさいたま市の「ものづくり」展示協力企業>

企業名

主な技術

1

フォルシアクラリオン・エレクトロニクス株式会社

車載用機器製造技術

2

藤倉コンポジット株式会社

ゴム引布製造技術

3

武蔵オプティカルシステム株式会社

4K/8K用光学系、TVカメラ用色分解光学系製造技術

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/博物館 
電話番号:048-644-2322 ファックス:048-644-2313

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る