ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年3月31日 / ページ番号:C071343

(令和2年3月30日記者発表)美園タウンマネジメント協会による「ミソノ・データ・ミライ」プロジェクトが「Impress DX(デジタル変革) Awards 2019 プロジェクト(自治体)部門グランプリ」を受賞しました

このページを印刷する

さいたま市が参画する「美園タウンマネジメント協会」では、美園地区において、「公民+学」が連携し「スマートシティさいたまモデル」の構築に取組んでいます。

本年度は、「総務省 令和元年度情報信託機能活用促進事業」に係る委託を受け、「ミソノ・データ・ミライ」プロジェクト※1として、パーソナルデータを安全に利活用し、市民生活の質の向上につながる生活支援サービスの開発や、市民へインセンティブを還元することを目指した実証実験を実施しました。

このたび、株式会社インプレスが主催する「Impress DX(デジタル変革)Awards 2019※2」において、同アワードのプロジェクト(自治体)部門で、グランプリを受賞しましたのでお知らせいたします。

※1 「ミソノ・データ・ミライ」プロジェクト
令和元年10月~令和2年1月の間、市民モニター100人の参加を募り、個人のヘルス・購買・住環境分野におけるパーソナルデータを情報銀行の仕組みを活用し、個人に特化した生活を支援するサービスやインセンティブの還元を目指すプロジェクト

※2 Impress DX(デジタル変革)Awards 2019
デジタルテクノロジーを使った新たなビジネスや社会サービスの実現に向けた取組や、実現するための製品/サービスを対象に5部門7カテゴリーで表彰

評価コメント
「データに基づく住民サービスが求められる半面、個人情報/プライバシーの問題が浮上している。そこに『情報銀行』の考え方を取り入れ、具体的な成果につなげようとしている。個人データを扱う都市サービスの実現は難易度が高いが、そこに正面から取り組んでいる点も評価する」との評価コメントを頂きました。

【各部門グランプリ受賞概要】

部 門

受賞者

概 要

プロジェクト部門(一般)

MONET Technologies

新たなモビリティサービスの配車のための「MONETプラットフォーム」

プロジェクト部門(自治体)

美園タウンマネジメント協会

「ミソノ・データ・ミライ」プロジェクト

プロジェクト部門(ベンチャー)

ファームシップ/豊橋技術科学大学

野菜の市場価格をAIで予測するためのアルゴリズム

アプリケーション/サービス部門

ミスミグループ本社

“ものづくり”のためのサービス「meviy(メヴィー)」

IoTプラットフォーム部門

ヤフー

検索や位置情報などのサービスから得られるビッグデータから企業や自治体がインサイトを得るためのサービス「ヤフー・データソリューション」

ネットワーク部門

KDDI

船舶向け通信サービス「Certus350」

デバイス部門

JIG-SAW

各種の機器をIoT化するための組み込み用エンジン「neqto: エンジン」

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/未来都市推進部 
電話番号:048-829-1871 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る