ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年2月11日 / ページ番号:C069860

(令和2年2月10日記者発表)尾間木小学校で、法の視点を取り入れた弁護士による出前授業を行います

このページを印刷する

 法や司法が身近な社会になってきた現在、将来の法を担う主権者である子どもたちに向け、学習指導要領の改訂では、小・中・高等学校の社会科・公民科をはじめとする諸教科、特別の教科 道徳、特別活動等においても、法教育の指導の充実が求められています。
 当校では、4年生の特別活動(話合い活動)において、埼玉弁護士会(法教育委員会メンバー)の皆様にご協力いただき、児童の課題解決力の向上を目的とした「法の視点を取り入れた出前授業」を実施します。

1 目的
 自らの地域の課題解決に向け、法の視点を取り入れた話合い活動を行う。その際、学校生活や社会生活の中で決められているルールやマナーについて、友達とのかかわり、地域とのかかわりという視点で、その意味を児童が自ら考え、お互いの納得解を探すためのスキルを身につけることができるようにする。

2 日時
 令和2年2月20日(木)13:45~14:30

3 場所 
 さいたま市立尾間木小学校 4年生各教室(緑区東浦和8-11-5)

4 対象
 4年生児童(179名 5学級)

5 講師
 埼玉弁護士会所属(法教育委員会メンバー)弁護士5人

6 内容
 テーマ「よりよい通学の仕方について考えよう」に基づき、講師を交えて話し合う。

7 その他
 ご不明な点は、尾間木小学校(873-6000)担当までお問合せください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/小学校/尾間木小学校 
電話番号:048-873-6000 ファックス:048-810-1121

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る