ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年12月18日 / ページ番号:C068882

(令和元年12月17日記者発表会)さいたま国際芸術祭2020 -Art Sightama- 全参加アーティストを発表!記者発表会及び100日前イベントを開催しました。12月10日(火)より前売りチケットを販売開始!

このページを印刷する

来春の、さいたま国際芸術祭2020 –Art Sightama-の開幕に先駆け、12月10日(火曜日)に記者発表会を開催しました。また、同日、旧大宮区役所にて開幕100日前を記念する「100日前イベント」を開催し、前売りチケットの販売も開始しましたので報告します。

syugousyasinn

記者発表会では『さいたま国際芸術祭2020』に参加する全アーティストの発表、ポスター等のビジュアルの発表、テーマと各プロジェクトが紹介されました。また、同日夜にかけて旧大宮区役所で行われた「100日前イベント」では、高木正勝氏や快快(FAIFAI)など、参加アーティストによるトークショーやステージパフォーマンスが披露され、2020年3月14日(土曜日)から始まる『さいたま国際芸術祭2020』の一部を先取りして体験できる、特別な一夜となりました。

1.記者発表会
さいたま国際芸術祭実行委員会会長の清水勇人さいたま市長は、「人口131万人が暮らすさいたま市を舞台に、参加アーティストや市民の想像力によって、芸術と生活がひとつになったArt Sightとして、文化芸術都市さいたま市としての魅力を高めていきたい」と意気込みを語りました。遠山ディレクターは、 『さいたま国際芸術祭2020』 のテーマである「花/flower」について「花は重層的な意味を持っており、芸術祭を通して想像力の花を咲かせていこうという思いをこめている」と意気込みを語りました。

2.100日前イベント
『さいたま国際芸術祭2020』のPRショートムービーで音楽を担当する高木正勝さんと遠山ディレクターによるトークショーでは、高木さんは、楽曲に込められた思いとして、「音楽から感じたものを自由に読み解いてもらいたい」と語りました。また、特設の巨大なステージ上では、快快(FAIFAI)が『さいたま国際芸術祭2020』の開催100日前を祝う来場者への餅まきやパフォーマンスで会場を大いに盛り上げました。DamaDamTalが来場者の目前で魅せるダンスパフォーマンスや、華道家の上野雄次さんの生け花を用いたパフォーマンスなど、『さいたま国際芸術祭2020』を肌で感じられるステージとなりました。

3.旧大宮区役所壁面ライトアップ
さいたま国際芸術祭実行委員会会長の清水勇人さいたま市長と遠山ディレクターによる旧大宮区役所壁面の点灯式を行いました。二人が点灯ボタンを押すと、さいたまゆかりの日本近代漫画の先駆者である北沢楽天の「モダンガール」と芸術祭のロゴが出現し、会場を一層盛り上げました。

4.旧大宮区役所でのワークショップ
ステージパフォーマンスにも出演した上野雄次さんによる、「生け花ワークショップ」も実施しました。自分で選んだ花を生ける体験を通じて、『さいたま国際芸術祭2020』を見るだけでなく、来場者自身も創作活動へ参加しました。

5.チケット販売について
メイン会場となる旧大宮区役所については入場料が必要となります。12月10日(火曜日)より、お得な前売引換券を販売中です。

前売引換券
購入金額:¥1,000円(税込)
購入期間:2019年12月10日(火曜日)- 2020年3月13日(金曜日)
※プレイガイド・販売サイト・コンビニで販売。開催期間中、旧大宮区役所チケット販売窓口へお持ちください。当日入場券と交換いたします。

当日入場券・入場引換券

購入期間:2020年3月14日(土曜日)- 5月17日(日曜日)
購入金額:¥1,200円(税込)
券 種:【当日入場券】旧大宮区役所チケット販売窓口で販売
【入場引換券】プレイガイド・販売サイト・コンビニで販売
※入場引換券はチケット販売窓口で当日入場券と交換が必要です。
チケット販売の詳細は、公式WEBサイトよりご覧いただけます。 https://art-sightama.jp/

記者発表資料は以下よりダウンロード可能です。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/文化部/国際芸術祭開催準備室 
電話番号:048-829-1225 ファックス:048-829-1996

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る