ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年11月6日 / ページ番号:C068103

(令和元年11月5日記者発表)さいたま国際芸術祭2020-Art Sightama- 教育機関等へアーティストを派遣する『アウトリーチプログラム』を実施します

このページを印刷する

市内の児童・生徒と、さいたま国際芸術祭の市民プロジェクトを担うアーティストが出会い、制作を通して、本芸術祭の目的である「さいたま
文化を支える「人材」の育成」を目指すことを目的として、教育機関をはじめとする市民の生活の現場にアーティストを派遣し、ワークショップ
やレクチャーなどのプログラムを展開する『アウトリーチプログラム』を以下のとおり実施いたしますので、お知らせいたします。

1 派遣先
・埼玉栄高等学校ダンス部(さいたま市西区西大宮3丁目11番地1)
・さいたま市立ひまわり特別支援学校(さいたま市西区三橋6丁目1587番地)

2 派遣アーティスト
Damadamtal(ダマダムタル)メンバー:みきたまき氏、大塚陽氏、加々美真理子氏
【来歴】
みきたまき氏、大塚陽氏により2016年に結成されたパフォーマンスユニット。常に様々なジャンルのアーティストとの共作により、
現実と非現実を自由に行き来する時間を提供する。
2018年 黄金町AIR レジデンスアーティスト
2019年 中之条ビエンナーレ パフォーマンス アーティスト

damadamtal《プロフィール写真》

3 活動スケジュール 

【埼玉栄高等学校】

 

日時

1.

11月 8日(金)16:1519:00

2.

11月15日(金)16:1519:00

3.

12月13日(金)16:1519:00

4.

12月20日(金)13:0015:00



 


【さいたま市立ひまわり特別支援学校】

 

日時

1.

11月12日(火)1.10:2511:15 2.13:5514:40

2.

11月19日(火)1.10:2511:15 2.13:5514:40

3.

11月22日(金)10:2511:15

4.

11月29日(金)13:5514:45

5.

12月 4日(水)14:0014:30







※取材申し込みにつきましては、事前に国際芸術祭準備室にお問い合わせください。

4 活動内容(予定)
【埼玉栄高等学校】
ダンスを通じた豊かな身体表現をレクチャーし、従来の創作ダンスに留まらないパフォーマンス作品を制作し、芸術祭の中で発表を目指す。
担当アーティスト:みきたまき氏、大塚陽氏
 
【さいたま市立ひまわり特別支援学校】
自由な「紙」、「織り」の体験ワークショップを通じて、生徒と共に作品制作を行い、展示を行う。
担当アーティスト:みきたまき氏、加々美真理子氏

〇アウトリーチプログラムの目的とするところ〇
市内の児童・生徒と、さいたま国際芸術祭の市民プロジェクトを担うアーティストが出会い、制作を通して、本芸術祭の目的である
「さいたま文化を支える「人材」の育成」を目指すことを目的として実施します。

※詳細につきましては、添付の記者発表資料をご覧ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/文化部/国際芸術祭開催準備室 
電話番号:048-829-1225 ファックス:048-829-1996

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る