ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年11月6日 / ページ番号:C068090

(令和元年11月5日記者発表)さいたま市立泰平中学校「博報日本語交流プログラムにおける海外教師の学校訪問」を実施します

このページを印刷する

  さいたま市立泰平中学校では、「日本語」で日本の生徒と交流を図るプログラムを実施します。まず、世界の10カ国から10名の先生が来日し、日本の生徒・教員との交流を図り日本の中学校教育の実態を学びます。その後3月に海外10か国から40名の生徒が来日し、合宿・学校訪問・ホームステイを体験します。
1 目的
 日本の中学生と海外の中学生が合宿・学校訪問・ホームステイなどを日本語で交流することを通じて「異文化共生力を高めるきっかけ」をつかみ、「異なる文化の多様な価値観を受け入れ、多様な人々と共に行動できる」人間に成長するよう育成する
2 実施日
 令和元年11月22日(金) 9:30~16:10
3 会場
 さいたま市立泰平中学校
  所在地:〒331-0802 北区本郷町1991 電話:048-651-4134
4 内 容
 海外教師学校訪問
(1)施設見学(2校時)
(2)体育授業体験(3校時)
(3)授業見学(4校時)
(4)生徒との交流1. 給食試食(給食)
(5)生徒との交流2. プレゼンテーション(5校時)
(6)教員との交流(6校時)

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/中学校/泰平中学校 
電話番号:048-651-4134 ファックス:048-651-4626

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る