ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年9月27日 / ページ番号:C067279

(令和元年9月26日記者発表)本太中学校で主権者教育(出前講座等)を実施します。

このページを印刷する

 さいたま市立本太中学校において、さいたま市選挙管理委員会・浦和年金事務所・浦和税務署等と協力して、政治的リテラシーや政治参加意識の育成を目的とする主権者教育を実施します。

1 目的 公職選挙法の一部改正により、18歳に選挙年齢が引き下げられた。さらに、昨年、民法の改正により、成人年齢も18歳に変わり、ますます中学生の時期に、社会の仕組みを知り、社会の一員として果たすべき役割を考える主権者教育の重要性が増してきている。特に、選挙・租税・年金と継続的に学ぶことで、数年後に迫る社会参画について自分のこととしてとらえさせる。

2 日時・講師・参加者・内容
 (1)年金セミナー
  日時:9月30日(月)11時20分~12時05分
  講師:浦和年金事務所 斎藤 文和 様 他7名 
  会場及び参加者:本太中学校3年各教室(7クラス)に分かれて実施、中学3年(255名)
  内容:少子高齢化社会における年金制度等

 (2)租税教室
  日時:10月1日(火)8時35分~9時20分
  講師:浦和税務署 宮澤 茂宏 様
  会場及び参加者:本太中学校体育館、中学3年生(255名)
  内容:消費税率変更の背景、税の役割・大切さ

 (3)生徒会役員選挙
  日時:10月18日(金)14時45分~15時35分
  会場及び参加者:本太中学校体育館、全校生徒(667名)
  内容:記載台、投票箱等、選挙管理委員会から借り、生徒全員による生徒会役員選挙実施。選挙の仕組みや主権者としての心構え。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/中学校/本太中学校 
電話番号:048-886-4305 ファックス:048-811-1339

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る