ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年7月30日 / ページ番号:C066326

(令和元年7月29日記者発表)全国初!政令市全域でセーフコミュニティ国際認証内定!

このページを印刷する

 事故やケガを予防するため、市民と行政が連携して安心・安全なまちづくりを進める「セーフコミュニティ」の取組都市として、国際的な認証を受けるための現地審査を次のとおり実施しました。 
 審査では、国際セーフコミュニティ認証センター公認審査員2名を海外から招へいし、さいたま市で取り組む5つの分野(高齢者の安全、子どもの安全、自転車の安全、DV防止、自殺予防)の対策委員会から活動報告等を行いました。
 その結果、講評において「セーフコミュニティにおける指標を満たしている。今後の発展が期待できる。」と認証の内定をいただきました。

セーフコミュニティ現地審査

1 日時

 1日目 令和元年7月24日(水)9:00~16:45
 2日目 令和元年7月25日(木)9:00~17:15

(審査スケジュール)

7月24日(水曜日)

7月25日(木曜日)

1

9:00 開会(市長挨拶)

9:00 自転車の安全対策委員会報告

2

9:15 全体説明

10:15 高齢者の安全対策委員会報告

3

9:45 データ分析検討会議報告

11:15 自転車安全教室視察

4

11:00 自殺予防対策委員会報告

13:00 DV防止対策委員会報告

5

13:30 子どもの安全対策委員会報告

14:00 デートDV防止講座視察

6

15:15 あいぱれっと視察(別会場)

16:00 審査員講評・閉会(市長挨拶)

2 会場

 ときわ会館5階大ホール(さいたま市浦和区常盤6-4-21)

3 審査員

 ○ジョンイ・ペ氏
  所属 インジェ大学(韓国釜山市)
  肩書 ・国際セーフコミュニティ認証センター 公認審査員
     ・韓国 公衆安全省 政策アドバイザー 他

 ○クストフ・ダラル氏
  所属 エレブルー大学(スウェーデン)
  肩書 ・国際セーフコミュニティ認証センター 公認審査員
     ・健康及び家庭福祉省公衆衛生機構 機構長(インド西ベンガル州) 他

4 講評要旨

 ・コミュニティのリーダーである市長がセーフコミュニティの理念を理解し、対策委員会では多くのNPO団体が活躍しており、協働の姿が
  見える。
 ・取組の成果やその振返りを行う仕組みがしっかりと構築されている。
 ・現在取り組んでいる5つの分野だけでなく、他の分野、例えば、防災やスポーツ等にも活かしてほしい。

5 審査の様子

活動報告 審査員コメント
活動報告 審査員コメント
あいぱれっと視察 自転車安全教室視察
あいぱれっと視察 自転車安全教室視察

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/危機管理課 
電話番号:048-829-1125 ファックス:048-829-1936

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る