ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年7月23日 / ページ番号:C066137

(令和元年7月22日記者発表)ノース・ティータイム・コンサート vol.17「加藤文枝 チェロ・リサイタル」を開催します

このページを印刷する

(令和元年7月22日記者発表)ノース・ティータイム・コンサート vol.17「加藤文枝 チェロ・リサイタル」を開催します

このたびプラザノースでは、「ノース・ティータイム・コンサートvol.17 『加藤文枝 チェロ・リサイタル』」を開催いたします。

コンサートといえば、休日や平日の夜に開催されることが多いもの。しかし、その時間には外出できない、また自分の余暇に多くの費用や時間を費やせない方も多くいらっしゃいます。そんな方々にほんのひと時、音楽を楽しんでいただきたいと企画したのが「ノース・ティータイム・コンサート」です。

今回で17回目を迎える「ノース・ティータイム・コンサート」は、コンクールでの優勝や入賞を重ね、多数のオーケストラとの共演経験をもつ注目のチェリスト、加藤文枝の演奏をお話付きでお楽しみいただきます。この機会にクラシックに初めて触れる方も含めて、ワンコインで本格的な演奏をお楽しみいただきたいと思います。

  公演概要

(1)公演名: ノース・ティータイム・コンサートvol.17
             「加藤文枝 チェロ・リサイタル」
(2)日 時 :令和元年9月13日(金) 13:30開演(13:00開場) *公演時間約45分
(3)会 場 :さいたま市 プラザノース ホール( 〒331-0812さいたま市北区宮原町1-852-1)
(4)入場料: 全席自由 500円
       *おつりのないようご用意いただき、当日入場口でお支払いください。
(5)定 員 : 370名
              *未就学児童の入場はお断りします。
              *先着順のため、ご入場いただけない場合があります。
(5)曲  目 :・フォーレ:夢のあとに
              ・ファリャ:火祭りの踊り
              ・ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ 他
              ※曲目は変更になる場合があります。
(7)出演者: 加藤文枝(チェロ)、小澤佳永(ピアノ)

加藤文枝(チェロ)
東京藝術大学を経て同大学院修士課程卒業。学内にて、安宅賞、三菱地所賞受賞、アカンサス音楽賞受賞。パリ市立音楽院を満場一致の首席で卒業。これまでに故 杉山 實、ドナルド・リッチャー、アラン・ムニエ、河野文昭、ラファエル・ピドゥの各氏に師事。サントリーホール室内楽アカデミー第1 期生。ローム ミュージック ファンデーション奨学生。CHANEL Pygmalion Days アーティスト。
平成23 年度京都市藝術文化特別奨励者。ビバホールチェロコンクール第1位。第13 回松方ホール音楽賞、併せて特賞受賞。東京音楽コンクール弦楽部門第2 位。FLAME国際コンクール(パリ) 第3 位。現在、一般財団法人地域創造「公共ホール音楽活性化支援事業」登録アーティスト。
日本各地でのソロ・リサイタル、室内楽コンサートに多数出演。これまでに、現田茂夫指揮日本センチュリー響、湯浅卓雄指揮藝大フィル、円光寺雅彦指揮東京フィル、小林研一郎指揮日本フィル、三ツ橋敬子指揮京都市響、本名徹次指揮兵庫芸術文化センター管等多数のオーケストラと共演。

小澤佳永(ピアノ)
東京芸術大学大学院修士課程ピアノ専攻修了。現在同大学管打楽科演奏研究員。第25回ヴィオッティ・ヴァルセジア国際ピアノ・コンクール第3位。第11回メルボルン・アジア・パシフィック室内楽コンクールピアノ・トリオ部門第2位等受賞多数。サントリーホール、チェンバーミュージック・ガーデンに出演。日本木管コンクールにて公式伴奏者を務める。 

その他
◇公演を取材いただける場合は、事前にプラザノース事業担当者までご連絡ください。 ◇詳細は添付の公演チラシをご覧ください。
◇当事業はbeyond2020プログラム(2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラム)として認証されています。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/文化部/文化振興課 文化施設係
電話番号:048-829-1227 ファックス:048-829-1996

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る