ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年6月25日 / ページ番号:C065742

(令和元年6月24日記者発表)さいたま市(南区)と東日本電信電話株式会社埼玉事業部が『AI-OCR/RPA』活用実証実験を実施

このページを印刷する

さいたま市は、東日本電信電話株式会社 埼玉事業部と、2019年3月1日から実施しているRPA※1実証実験に加え、さいたま市南区役所の高齢福祉及び介護保険に関する業務においてAI-OCR※2を活用した実証実験を実施いたします。

従来のRPAツール単体では、紙による手書き申請書は電子データ化されていないため処理の自動化は困難でしたが、この実証実験では、AI技術を使ったAI-OCRを取り入れることで、高精度な文字認識による電子データ化が可能となります。申請書をAI-OCRで電子データ化し、RPAツールを利用して高齢福祉や介護保険システムへの入力を自動化することで、更なる業務効率化を図り、作業量の削減を目指します。


※1 RPA:Robotic Process Automation の頭文字で、ソフトウェアロボットが業務プロセスを自動で処理する概念
※2 AI-OCR:AI(Artificial Intelligence)とOCR(Optical Character Recognition/Reader)の頭文字で、手書き書類や帳票の文字読
取を行い、データ化するAI技術を使ったOCRサービス

期 間:2019年6月24日~2019年8月31日(予定)

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

南区役所/健康福祉部/高齢介護課 高齢福祉係
電話番号:048-844-7177 ファックス:048-844-7277

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る