ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月14日 / ページ番号:C022783

さいたま市選挙管理委員会

このページを印刷する

さいたま市選挙キャラクター みらいクン

選挙管理委員会とは、選挙に関する事務を管理する行政委員会で、都道府県、市区町村それぞれに設置されており、4人の選挙管理委員で組織されています。さいたま市では市と10区で合計11の選挙管理委員会があります。
また、選挙に関する事務のほかに、政治意識を高めるための啓発事業も重要な職務となっています。

選挙管理委員会委員
職名 氏名 任期
委員長 大倉 浩 平成29年7月6日から令和3年7月5日まで
委員長職務代理者 山﨑 東吉 平成29年7月6日から令和3年7月5日まで
委員 田口 邦雄 平成29年7月6日から令和3年7月5日まで
委員 服部 明子 平成29年7月6日から令和3年7月5日まで

さいたま市選挙管理委員会重点施策

選挙管理委員会では、選挙人の利便性の向上や投票率向上などの諸課題の解決に向け、重点的に取組むべき事業の方向性を示すものとして、毎年度重点施策を定めています。

【令和元年度さいたま市選挙管理委員会重点施策】

「選挙」は民主主義の根幹をなす制度です。だからこそ、有権者が積極的に自らの将来や日本の将来を考え、一人でも多くの方に投票参加していただくことが重要であります。しかしながら、さいたま市のみならず我が国の投票率は低下傾向にあり、このままでは民主主義の健全な発展になんらかの影響がでることが懸念されます。そのため、市選挙管理委員会では、投票率向上を目指し、有権者の主権者意識の醸成や投票しやすい環境づくりに取り組んでまいります。また、とりわけ若年層の投票率低下傾向が顕著であることから、将来の有権者も含めた若年層に向けた啓発を重点的かつ継続的に実施していく必要があります。市選挙管理委員会では、区選挙管理委員会や明るい選挙推進協議会、教育委員会などの関係諸機関と連携しながら、効果的な啓発事業が行えるよう努めてまいります。さらに、少子高齢化や人口減少、AIやIOTのような産業技術の目覚ましい進展など、変化していく社会情勢が選挙事務にどのような影響を与え、どのような課題が生じていくのかなど、将来を見据えた新たな視点による検討の必要性も強く感じております。このようなことから、今年度は、中長期的な視点で選挙事務を捉えていくための元年として(スタートの年と位置付け)、まずは、市・区選挙管理委員会における意識の醸成と効果的なアプローチの在り方について研究してまいります。まもなく、統一地方選挙を皮切りに、参議院議員通常選挙・埼玉県知事選挙と、短期間に複数の選挙が連続して執行されます。市選挙管理委員会では、すべての選挙を適正かつ円滑に執行するため、区選挙管理委員会と連携して取り組んでまいります。

1 選挙の適正かつ円滑な執行「選挙執行体制の強化」
今年度は、4月7日の統一地方選挙、夏には参議院議員通常選挙、埼玉県知事選挙と年度前半で3つの選挙の執行が予定されています。このように短期間で選挙が執行されるため、まず統一地方選挙に向け万全の体制で準備を進めることにより、その後の参議院議員通常選挙、埼玉県知事選挙と関連する選挙事務の準備体制等が充実したものとなり、最終的に3つの選挙の適正かつ円滑な執行をもたらすものと考えています。選挙の執行に当たっては、単純な事務処理ミス等により選挙全体の信頼が損なわれ、社会的に大きな影響を与えるおそれがあることから、引き続き区選挙管理委員会と連携し、公職選挙法等の関係法令の遵守、選挙事務に対する意識改革及び事務処理ミスの防止対策等を徹底していきます。また、過去の不正事案等の発生原因と防止策や、投開票事務において想定される不測の事態とその対策など、適正な管理執行のための効果的な研修等を実施することにより、投票、開票事務等の手続に遺漏がないよう万全を期していきます。なお、国会発議による憲法改正の国民投票については、国の動向を注視しながら、昨年度の検討結果を反映したシステム改修を実施するとともに効果的な研修等を実施することにより対応可能な体制を整えていきます。

2 若い有権者や将来の有権者に向けた啓発事業の推進
全般的な投票率の低下傾向の中、とりわけ若年層の投票率が低い傾向にあることから、昨年度は、特に若い有権者の政治意識の向上や将来の有権者の育成に向けた取り組みに重点を置き、選挙啓発活動を実施してきたところです。例年実施している「明るい選挙啓発ポスターコンクール」では、区選挙管理委員会、区明るい選挙推進協議会で絵画教室を開催するなどの積極的な協力をいただき、例年を大きく上回る1,356件の応募をいただくことができました。また、「選挙出前講座」(青年選挙サポーター「E-Railさいたま」協力)の実施対象を拡大し、過去最高の19校で開催することができました。加えて、若い有権者(大学生)に住民票異動の必要性等を呼びかけるポスターの掲出、有権者及び未来の有権者に楽しみながら選挙に関する知識を身に着けてもらう「選挙・レベルアップクイズ」の実施といった新たな取り組みも行いました。このように昨年度は、若い世代を中心に常時啓発活動を拡大するとともに新たな取り組みを実施してきたところですが、選挙や政治への意識付けは一朝一夕に醸成されるものではありませんので、今後とも、市・区明るい選挙推進協議会や教育委員会をはじめとする教育機関と連携して、若い世代に向けた啓発活動を継続していきます。今年度の前半に執行が予定される選挙では、投票率が他の世代と比べ低い傾向にある20歳代から30歳代に向け、横断幕や啓発ポスター等を若い世代が多く利用する学校、自動車教習所、子育て支援センターといった施設に掲出し、投票参加を呼びかけていきます。参議院議員通常選挙の前に市立高校4校で実施する「模擬選挙」に際しては、教育委員会と連携し、投票箱・記載台等の貸出しや選挙公報の提供等の支援を行います。さらに、選挙に関して若い有権者の注目を集め、若い世代に響く啓発活動を実施するため、昨年実施した投票参加の呼びかけアナウンスの吹込みを高校生へ依頼するなどのように、啓発事業そのものへの若い世代の参画を進めていきます。

3 市・区連携による投票しやすい環境の整備
投票環境の整備については、これまで期日前投票所の設置を主体的に進め、選挙人の利便性の向上に努めてきたところです。平成16年に執行された参議院議員通常選挙から各区役所内に期日前投票所を設置しました。その後、平成19年度の統一地方選挙からは、各区の地域バランス等の特性を考慮し、公共施設に臨時期日前投票所を設け全区2か所体制として有権者が投票しやすい環境を整備したところです。さらに、平成28年執行の参議院議員通常選挙では、駅周辺や商業施設など人の集まりやすい場所に増設臨時期日前投票所の整備を行ってきました。期日前投票所の利用状況ですが、全投票者に占める期日前投票者全体の割合は、制度開始時は11.2%(平成16年参議院)でしたが、平成25年度以降は、概ね20%代前半で推移している状況で、近年、特に18歳選挙権がスタートした平成28年執行の参議院議員通常選挙では26.5%、平成29年執行の衆議院議員総選挙では37.5%と高くなっており、期日前投票所利用の増加傾向は、今後も継続することが予測されます。平成29年執行の衆議院議員総選挙において、投票日当日に台風が接近・通過することが予想されたため、市内各区の期日前投票所に混雑が発生し、投票日の前日には最大で約2時間の入場待機列ができた投票所もありました。このような傾向や課題等の継続的な検証の必要性を認識しており、区選挙管理委員会と連携し、駅周辺や商業施設に限らず公共施設も対象とした期日前投票所の増設及び混雑時の対応など、期日前投票所の環境整備に向けて引き続き検討を進めていきます。また、当日投票所については、投票所までの距離が遠いこと等様々な要因により投票所へ行きにくい有権者の投票機会をいかに確保するかが今後の課題となっております。さいたま市選挙管理委員会は、区選挙管理委員会と連携し、新たに投票所として使用可能な施設ができるなどの周辺状況の変化を把握し、更なる投票環境の整備に向けた検討を進めていきます。


令和元年度さいたま市選挙管理委員会重点施策(PDF形式)

今後の委員会の開催予定

  1. 日時
    令和2年2月6日(木曜日)午前10時から 
  2. 場所
    選挙管理委員会会議室
    (補足)開催日時等は変更となる場合がありますので、傍聴を希望される方は事前に電話で御確認ください。
    (補足)個人情報等が含まれる会議については、非公開となる場合があります。

委員会の傍聴について

  1. 定員 5名
  2. 受付 開会時刻の10分前まで
    (注意)受付時刻において定員を超えている場合は抽選となります。

委員会の開催結果

令和元年度

開催日時 議事等 会議結果
第1回
4月1日(月曜日)
9時00分~9時40分
1 議事
議案第1号 臨時啓発計画について
会議結果
第2回
4月8日(月曜日)
13時30分~14時00分
1 報告
(1)選挙結果の報告について
会議結果
第3回
5月17日(金曜日)
16時00分~17時00分
1 報告
(1)平成30年度重点施策の結果報告について
(2)選挙人名簿及び在外選挙人名簿の抄本の
閲覧状況について
会議結果
第4回
6月20日(木曜日)
10時00分~11時30分
1 報告
(1)選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数について
(2)指定都市選挙管理委員会連合会通常会議について
(3)議会対応について
2 議事
議案第2号 (参議院議員通常選挙における)臨時啓発
計画について
議案第3号 (埼玉県知事選挙における)臨時啓発計画
について
会議結果
第5回
7月9日(火曜日)
10時00分~10時50分
1 報告
(1)選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数について
(2)立候補届出状況について
(3)区選挙管理委員会の新委員長等について
会議結果
第6回
7月22日(月曜日)
14時00分~14時30分
1 報告
(1)選挙結果の報告について
会議結果
第7回
8月9日(金曜日)
10時00分~10時20分
1 報告
(1)選挙人名簿登録者数について
(2)立候補届出状況について
会議結果
第8回
8月26日(月曜日)
14時00分~14時45分
1 報告
(1)選挙結果の報告について
2 議事
議案第4号 臨時啓発計画について
会議結果
第9回
9月12日(木曜日)
10時00分~10時40分
1 報告
(1)選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数について
(2)議会対応について
会議結果
第10回
10月28日(月曜日)
14時00分~15時15分
1 報告
(1)選挙結果の報告について
(2)台風対応について
(3)令和元年度さいたま市明るい選挙啓発ポスター
コンクールの審査結果について
2 協議事項
(1)市・区選挙管理委員会合同会議について
会議結果
第11回
11月7日(木曜日)
10時00分~11時15分
1 報告
(1)選挙人名簿及び在外選挙人名簿の抄本の
閲覧状況について
(2)令和元年度重点施策中間報告について
2 協議事項
(1)市・区選挙管理委員会合同会議について
会議結果
第12回
12月5日(木曜日)
10時00分~11時5分
1 報告
(1)選挙人名簿及び在外選挙人名簿登録者数について
2 協議事項
(1)市・区選挙管理委員会合同会議について
会議結果
第13回
1月9日(木曜日)
10時00分~10時40分
1 協議事項
(1)市・区選挙管理委員会合同会議について
会議結果

※会議結果については、概ね委員会会議開催期日の1か月後に掲載します。




関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

選挙管理委員会事務局/選挙課 
電話番号:048-829-1773 ファックス:048-829-1994

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る