ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年9月2日 / ページ番号:C073203

森林環境譲与税を活用した取組について

このページを印刷する

森林環境税及び森林環境譲与税について

 森林の有する多面的な機能(地球温暖化の防止、水源涵養、災害防止など)は、広く国民に恩恵を与えるものであり、適切な森林整備を進めていくことは、国土や国民の命を守ることに繋がります。
 このことから、国では市町村が森林の整備などを実施するために必要な財源を安定的に確保することを目的に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」を平成31年4月1日に施行しました。
 この制度は、国民から徴収する「森林環境税(令和6年度から徴収)」と、この財源をもとに森林を整備するため市町村に譲与される「森林環境譲与税(令和元年度から交付)」の2つで構成されています。
 「森林環境譲与税」は国に集められた「森林環境税」を、森林の整備を実施する市町村やそれを支援する都道府県に譲与(配分)する仕組みとなっています。

森林環境譲与税の使途

 森林環境譲与税の使途は法令で定められており、市町村が行う森林の間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備およびその促進に関する費用に充てなければなりません。
 また、市町村は森林環境譲与税の使途等を公表することが義務付けられています。

さいたま市における森林環境譲与税の交付額及び使途の公表

 本市の森林環境譲与税の交付額及び活用事業等は以下のとおりです。

 令和元年度 森林環境譲与税の内訳

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

経済局/農業政策部/農業環境整備課 
電話番号:048-829-1377 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る