ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年2月18日 / ページ番号:C079391

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

“絆”学校訪問(平成22年11月12日 海老沼小学校)

このページを印刷する

正門であいさつを行う市長

 絆をつなぐ学校訪問で見沼区の海老沼小学校を訪問しました。学校安全ネットワーク推進モデル校である海老沼小学校では、防犯ボランティアや保護者が子どもたちの安全を見守る活動を行っています。また、地域の団体である「YY(わいわい)クラブ」の方々も自主的に周辺地域の安全を見守る活動をされています。
 登校の時間になると、笑顔であいさつと書かれたタスキを掛けた「あいさつ運動」の子どもたちと市長が正門に立ち、登校する児童一人ひとりと朝のあいさつを交わしました。

 体育館で行われた音楽集会では、4年1組による合唱曲「君をのせて」が発表されました。市長は息の合った歌声に感心し、子どもたちに大きな拍手を送りました。そして、全校児童に向けて、「あいさつは、人と人の心をつなぐためにとても大切です。あいさつとともに、全国で一番『ありがとう』が聞こえてくる学校にしてください。できますか。」と問いかけると、全校児童から「はい」と元気で大きな返事が返ってきました。最後に“絆”と書かれた色紙を、児童会長に手渡しました。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育総務課 
電話番号:048-829-1623 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る