ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年2月6日 / ページ番号:C062964

総行動(平成30年度)都市基盤・交通

このページを印刷する

ブロック塀等の耐震診断への助成制度について

要望事項

・民間の住宅やブロック塀等の耐震診断への助成制度を拡充してください。 

対応結果(回答内容)

 住宅の耐震診断への助成制度は、昭和56年以前に建てられた住宅を対象に平成21年度より実施しております。
 戸建て住宅については、耐震診断にかかる費用に対し6.5万円を限度に助成しております。また、木造在来工法による2階建て以下の戸建て住宅には、無料で耐震診断員を派遣する制度も実施しており、年間で500件程度のご利用をいただいております。
 共同住宅等については、耐震診断にかかる費用の3分の2、かつ住戸数に5万円を乗じた額を限度に助成する制度があり、平成27年度からは緊急輸送道路を閉塞するおそれのある建築物のうち、重要路線沿道の場合、費用の全額かつ住宅戸数に8万円を乗じた額を限度とする助成率及び限度額の拡充を行い、耐震化にかかる住民負担の軽減を図ってきたところです。 
 最後に、ブロック塀等の耐震診断への助成制度につきましては、昨今、国からブロック塀等の安全確保に関する支援制度の概要や耐震診断の方法が示されたところですので、国の動向に注視してまいります。

所管課

建築総務課

受理日

平成30年10月16日

歩道と自転車走行帯の分離について

要望事項

・歩道と自転車走行帯を分離するなど、安心・安全な道路計画を作って実現してください。
・その際、十分な幅を確保してください。

対応結果(回答内容) 

 十分な幅を確保し、歩道と自転車走行帯を分離するためには、新たに用地を確保する必要があることから、多くの時間と費用が必要となります。
 このため、歩行者、自転車の安全かつ快適な通行環境整備を目的として、本市では、「さいたま市自転車ネットワーク整備計画」を策定し、主に幹線道路や駅周辺道路を対象に自転車ネットワークの整備を進めております。

所管課

道路環境課

受理日

平成30年10月16日

北浦和駅南口の地下道におけるエレベーターの整備について

要望事項

・北浦和駅南側の地下道は傾斜がきつく、高齢者が自転車で通行するのが大変です。東西口にエレベーターもしくはベルトコンベアを設置してください。

対応結果(回答内容)

 北浦和駅南側への自転車用のエレベーターもしくはベルトコンベアの設置要望につきまして回答いたします。 
 現在、北浦和駅北側の「寺前地下道」にはエレベーターの設置がありますが、ご意見いただきました北浦和駅南口の地下道におきましては、エレベーターやベルトコンベアの設置はありません。 
 新たなエレベーター等の設置につきましては、エレベーター等自体の設置スペースの他に、出入口のスペースが必要となります。 
 しかしながら、当該箇所にはそのためのスペースが足りないことと、設置には多くの時間と費用が必要となることが見込まれるため、現在新たな設置の計画はされていない状況です。 
 お手数をお掛けいたしますが、「寺前地下道」のエレベーターをご利用くださいますようお願いいたします。

所管課

道路環境課

受理日

平成30年10月16日

既存の道路におけるベンチの設置について

要望事項

・歩道内の余裕スペースや街路樹の周囲などに、高齢者が休める施設の設置を検討してください。

対応結果(回答内容)

 現在、市で管理している歩道には、ベンチ設置に必要な歩道の幅員が確保されていない箇所が多く、既存の道路におけるベンチの設置は難しい状況となっております。 
 いただいたご要望は、今後の道路整備の際の参考とさせていただきます。

所管課

道路環境課

受理日

平成30年10月16日

コミュニティバスの充実について

要望事項

・交通難民や孤立する高齢者のため、コミュニティバスの運行を充実させてください。また、乗合タクシーの運行を全区に広げ、利用しやすい料金にしてください。

対応結果(回答内容)

 コミュニティバスや乗合タクシーの導入、運行改善に当たっては、コミュニティバス等のコンセプトやサービス方針、市民・事業者・市の役割分担、導入の進め方を示した「コミュニティバス等導入ガイドライン」に基づき、取組を進めることとしており、当ガイドラインの中でコミュニティバスや乗合タクシーは路線バスが不十分な地域へ導入する補完交通として位置付けております。
 検討に当たっては、地域にコミュニティバス等が必要と考えた地域の方々に主体的に検討していただき、市は技術的な支援を行っております。
 また、検討の対象地域は全市的な観点からの交通空白地区・交通不便地区等としております。
 なお、料金については路線バスと競合しないような運賃体系を基本としております。 

所管課

交通政策課

受理日

平成30年10月16日

埼玉県立浦和図書館の跡地利用について

要望事項

・埼玉県立浦和図書館の跡地に子どもが安心して遊べる公園を作ってください。

対応結果(回答内容)

 当該地は「浦和中央公園」に隣接しており、公園が不足している地域と考えておりません。
 したがいまして、本市で当該地に公園を整備する計画はありません。

所管課

都市公園課

受理日

平成30年10月16日

埼玉県衛生研究所の跡地利用について

要望事項

・埼玉県衛生研究所の跡地に公園や誰もが使える会議室など作ってください。

対応結果(回答内容)

 はじめに、当該地の周辺は身近な公園が不足している地域と認識しておりますが、当該地が不整形地であるほか、道路の接道状況に課題があることから、跡地全域を都市公園として整備することは難しいものと考えております。 
 また、会議室の機能を有する市の施設としてはコミュニティセンターがありますが、その整備につきましては、「公共施設マネジメント計画・アクションプラン」に基づき実施しております。新たなコミュニティセンターの建設につきましては、現在のところ予定しておりません。

所管課

都市公園課、コミュニティ推進課

受理日

平成30年10月16日

大宮駅東口北階段におけるエスカレーターの設置について

要望事項

・大宮駅東口北階段にエスカレーターを設置してください。

対応結果(回答内容)

 大宮駅につきましては、現在、「大宮駅グランドセントラルステーション化構想」の実現に向けて「東日本旅客鉄道株式会社」と検討を進めているところです。本市としては、グランドセントラルステーション化構想の進捗を見ながら二重投資とならない範囲での対策について検討していきたいと考えております。 
 なお、現在、東口南側奥にはエレベーター、東口中央には上りエスカレーターがありますので、ご利用くださいますようお願いいたします。

所管課

交通政策課

受理日

平成30年10月16日

新見沼大橋の無料化について

要望事項

・新見沼大橋の無料化を早期に実現してください。

対応結果(回答内容)

 「埼玉県道路公社」で管理している「新見沼大橋」の早期無料化については、多額の未償還額があり、難しい状況と伺っております。

所管課

道路計画課

受理日

平成30年10月16日

鴨川にかかる「島根橋」の歩道の改善について

要望事項

・西区島根から桜区にかけての「島根橋」の歩道は歩行者や自転車が通るには狭く、凸凹していて自転車に乗って渡れないので改善してください。

対応結果(回答内容)

 「島根橋」の橋りょうにつきまして、現地確認を行い、危険な箇所については補修を行ってまいります。

所管課

道路環境課

受理日

平成30年10月16日

鴨川にかかる「根切橋」の勾配の改善について

要望事項

・西区植田谷本から桜区にかけての「根切橋」は、与野中央病院前から橋に向かう時、勾配がきついため一旦自転車を降りないと渡れません。年配者にはきついので勾配を緩やかにしてください。

対応結果(回答内容)

 橋の勾配を決めるためには、河川の水位やその前後の取付け道路と調和のとれた計画としているところです。
 ご要望いただきました「根切橋」の勾配を緩やかにするためには、橋の架け替えもしくは構造変更のほか、橋と取り付く道路の勾配も見直す必要があります。
 現在そのような計画はありませんが、いただいたご要望は今後の道路整備の際の参考とさせていただきます。

所管課

道路環境課

受理日

平成30年10月16日

鴨川にかかる「藤橋」の歩道の改善について

要望事項

・西区植田谷本から桜区にかけての「藤橋」の歩道は石畳になっていて、凸凹して自転車に乗って渡るのが怖いので、路面を改善してください。

対応結果(回答内容)

 「藤橋」の橋りょうの歩道部につきまして、現地確認を行い、危険な場所については補修を行ってまいります。

所管課

道路環境課

受理日

平成30年10月16日

鴻沼川にかかる「不惑橋」における安全対策について

要望事項

・大宮区櫛引町1丁目地先の鴻沼川にかかる「不惑橋」は、子どもが川へ下りて遊ぶので危険です。早急に安全対策を取ってください。

対応結果(回答内容)

 一級河川鴻沼川は、埼玉県の管理区間となりますので、ご要望いただきました内容を、埼玉県さいたま県土整備事務所へお伝えいたしました。
 県の担当者からは、子どもが川へ下りないように早急にロープで防護し、今後は、転落防止柵を設置すると伺っております。

所管課

河川課

受理日

平成30年10月16日

「白タク行為」を合法化しないことについて

要望事項

・ライドシェアと称する違法かつ無許可の「白タク行為」を合法化しないでほしいです。

対応結果(回答内容)

 「白タク行為」を合法化しないことについては、タクシー事業者と情報共有を図りながら、今後の動向を注視しつつ、国土交通省と協議していきたいと考えております。

所管課

交通政策課

受理日

平成30年10月16日

鴻沼川「十五条橋」付近における治水対策について

要望事項

・平成30年8月末の豪雨で、北区櫛引町2丁目から大宮区大成町1丁目の間の鴻沼川「十五条橋」付近で氾濫が発生しましたので、早急に対策を講じてほしいです。

対応結果(回答内容)

 一級河川鴻沼川は、平成10年より「河川激甚災害対策特別緊急事業」により改修が進められ、「桜木調節池」の建設や地下河川が整備されましたが、近年も「十五条橋」付近では避難判断水位に達することが多くなっております。 
 今後につきましては、浸水被害を軽減するため、未整備箇所の早期整備に向けて、埼玉県へ要望するとともに、流域内の公園などの公共施設に貯留浸透施設の設置を進め、治水安全度の向上を図ります。

所管課

河川課

受理日

平成30年10月16日

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広聴課 
電話番号:048-829-1931 ファックス:048-825-0665

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る