ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年12月27日 / ページ番号:C057006

首都圏広域地方計画におけるまちづくり推進についての要望書

このページを印刷する

おおみやコミュニティの“わ”女性の会からの要望書(平成29年9月26日提出)について

件名

首都圏広域地方計画におけるまちづくり推進に向けて

受理日

平成29年9月26日

要望事項

1.大宮区役所跡地利用を早急に進めることを要望する
2.大宮小学校は区役所跡地と総合的一体的開発で、現地存続のまま新築することを要望する。
3.大宮のまちづくりを公開的に進めていくことを要望する。

対応結果(回答内容)

 日頃より、本市の市政運営に対し、ご理解・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、大宮駅周辺地域におきましては、「大宮駅周辺地域戦略ビジョン」に基づき、東日本の玄関口に相応しい地域を目指しまちづくりを推進しているところです。平成28年3月には、国の計画である首都圏広域地方計画において、大宮駅周辺地域が東日本の対流拠点として位置づけられたことで、拠点性を高める都市機能を導入することの重要性がより一層高まったと認識しております。
 大宮駅東口周辺では、大宮区役所新庁舎の建設工事や、大門町二丁目中地区市街地再開発事業において既存建物の解体工事が着手されるなど、目に見えるまちづくりが始まったところです。
 貴会からご要望のありました1点目の『早急な大宮区役所跡地利用について』ですが、本市の全庁的な検討組織である「大宮駅東口周辺公共施設再編推進本部」において、本格的な検討を開始しております。なお、平成29年8月には、移転が決定している公共施設の跡地活用や、将来の方向性が決まっていない公共施設の再編に関する全体方針の原案をとりまとめたところです。本市としても、大宮駅周辺地域のポテンシャルを最大限に活用できるよう整備を進めていくことは喫緊の課題であると認識していることから、大宮区役所の跡地利用については、スピード感をもった検討を行ってまいりたいと考えております。
 2点目の『大宮小学校と大宮区役所跡地の総合的一体的開発について』ですが、大宮小学校は歴史と伝統のある小学校であることから、これまで築き上げてきた周辺地域との連携や教育環境を継承していくことは非常に重要であると考えております。ご提案のとおり、大宮小学校と大宮区役所跡地を総合的一体的に開発することも十分に視野に入れながら、検討を進めてまいります。
 3点目の『公開的なまちづくりの推進について』ですが、公共施設の再編や跡地活用をはじめとした大宮のまちづくりに関する会議においては、可能な限り市民が参加できる体制を構築できるよう努めるとともに、ワークショップ等の市民参加型の意見交換会を適宜開催することで、市民と一緒になってまちづくりを進めてまいりたいと考えております。
 今後は、大宮駅グランドセントラルステーション化構想の策定・推進など、周辺のまちづくりと連携しながら、具体的な土地活用や導入すべき機能について検討していくことになりますが、ご要望の内容を十分に参考にして取り組んでまいります。
 貴会におかれましても、引き続き、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

所管課

都市局都心整備部大宮駅東口まちづくり事務所

この記事についてのお問い合わせ

都市局/都心整備部/大宮駅東口まちづくり事務所 
電話番号:048-646-3289 ファックス:048-646-3292

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る