ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月14日 / ページ番号:C069273

放課後児童クラブ運営に関する要望書

このページを印刷する

件名

放課後児童クラブ運営に関する要望書

受理日

令和元年7月17日

要望事項

1 待機児童解消に向けた取り組みについて
2 開室時間の延長について
3 指導料等の見直しについて
4 長期休暇中や短縮授業日の昼食提供について
5 第三者による監査の実施について
6 父母会への協力について

 

回答内容 

 1 待機児童解消に向けた取り組みについて
本市では現在、放課後児童クラブの需要増加に対応するため、より速やかな開設が可能である民設放課後児童クラブを増設することで、学区全体の受入規模の拡大を図っております。常盤小学校区も、市内全体での優先順位と需要の状況をもとに、増設を検討しているところです。
また、民設クラブにおける利用料金、設備、安全面については、保護者の方への助成金制度において、平成30年度から助成額を増額いたしました。あわせて、民設クラブへの委託料等の拡充、運営者との協議に基づく環境の改善についても、引き続き努めてまいります。
保育の質につきましては、本市では育成支援に当たる放課後児童支援員等の配置数を国の規定を上回る基準に設定するとともに、放課後児童支援員等を対象とした本市主催の研修を実施することで育成支援の質の向上に努めているところです。

2 開室時間の延長について
閉室時刻については、これまでも回答させて頂きましたとおり、放課後児童クラブの事業趣旨である児童の健全育成の観点から、現在のところ延長を行う予定はございません。
また、学校長期休業期間等における開室時刻につきましては、保護者の方の希望に応じて必要なクラブは午前7時30分としておりますが、希望が少なく、早朝時間外利用を実施していないクラブもあることから、現時点で全市的に通常開室時刻を変更する予定はございません。

3 指導料等の見直しについて
放課後児童クラブにおける児童1人にかかる経費の負担割合について、国は1/2を保護者負担とすることを想定しています。それを本市に当てはめ試算した結果、8,500円の保護者負担が適正であったため、平成26年度から指導料を8,000円としているところです。
早朝時間外の利用料については、早朝開設に伴う人件費等の支出のため、一定の保護者負担が必要なものと考えておりますので、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。 

4 長期休暇中や短縮授業日の昼食提供について
配食業者と保護者の契約において実施する昼食提供については、これまでも回答させて頂きましたとおり、各クラブにおいて役割分担を明確にした上で、保護者及び職員の連携の下実施されることが望ましいと考えております。

5 第三者による監査の実施について
本市では、公設の放課後児童クラブなど市内で指定管理者制度により運営する施設について、毎年度10施設を選定し、管理運営状況に関する第三者評価を実施しており、結果を市HPで公表しております。
また、公設の放課後児童クラブでは、毎年度、指定管理者が利用者アンケートを行い、その結果を各クラブで掲示するとともに、本市も報告を受けているところです。
今後も、児童の適正な育成支援をめざし、支援員の研修等に努めてまいります。 

6 父母会への協力について
父母会の事業への協力について、指定管理者へ伝えることも可能ですので、ご相談いただければと存じます。

所管課

子ども未来局子ども育成部青少年育成課

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/子ども育成部/青少年育成課 
電話番号:048-829-1716 ファックス:048-829-1960

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る