ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月9日 / ページ番号:C057029

埼玉県建築行政マネジメント計画

このページを印刷する

建築行政マネジメント計画とは

建築物の安全性を確保するため、行政と関係機関等が連携し、目標及び具体的な取組を定めて、円滑かつ的確な建築行政を推進するための計画です。

計画の策定主体

「埼玉県建築行政マネジメント計画」は、埼玉県をはじめとする県内特定行政庁及び限定特定行政庁、指定確認検査機関、建築関係団体などで構成する「埼玉県建築物安全安心推進協議会」で策定しています。
さいたま市は特定行政庁として本計画に参画しています。
詳しくは下部にある関連リンクをご覧ください。

第2次埼玉県建築行政マネジメント計画について

平成23年3月に「埼玉県建築行政マネジメント計画」を策定し、協議会員の連携のもと各種施策に取り組んでまいりました。この間においても建築物に係る事件・事故が発生し、一方で平成26年の建築基準法や建築士法の改正など、社会情勢の変化等に対応できるよう諸制度の見直しが行われました。
このような状況の変化に対応するため、今回、計画の見直しを行いました。
詳しくは下部にある関連リンクをご覧ください。

計画の実施期間

平成28年度から平成31年度までの4年間

計画の内容

誰もが安心して安全に利用できる建築物のストック形成を図るためには、建築時点での適法性の確保は勿論のこと、建築後も適切な維持・保全が継続的に行われる必要があります。

このため、本計画では次の5つの項目に取り組みます。
1 新築建築物に対する取組
2 既存建築物に対する取組
3 消費者の安心に対する取組
4 建築行政を円滑に推進するための取組
5 建築物の質を向上するための取組

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築行政課 防災指導係
電話番号:048-829-1534 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る