ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月15日 / ページ番号:C066717

さいたま新都心駅周辺で熱中症予防対策実証実験と1年前イベントを行いました

このページを印刷する

さいたま新都心駅周辺で雪を活用した熱中症予防対策実証実験

 令和元年8月25日に、東京2020オリンピック競技大会でバスケットボールの開催会場となるさいたまスーパーアリーナのあるさいたま新都市駅周辺において、東日本連携都市並びに友好都市である南魚沼市と共同で、バスケットボール日本代表国際試合の観戦客の暑さ対策として、雪を活用した熱中症予防対策実証実験を行いました。スノーパックの配布は東京2020大会の都市ボランティアの方々にもご協力いただきました。

日時:8月25日(日曜日)午後1時~午後7時
会場:さいたま新都心駅周辺
内容:南魚沼市による雪テントの設置、雪の滑り台の設置、スノーパックの配布、ミスト装置や休憩テント設置
   芝浦工業大学の協力による暑さ指数(WBGT)の測定 など

パックに雪を詰める様子
スノーパックに雪を詰めます
スノーパック配布の様子
スノーパック配布の様子
スノーパック
スノーパック

テントの様子
改札前にテントを立てて準備完了
暑さ指数計測結果の表示
芝浦工業大学による暑さ指数の測定
雪の滑り台
雪の滑り台もお楽しみいただきました

さいたまにオリンピックがやってくる!~東京2020オリンピック開催まであと1年!~

日時:8月25日(日曜日)午前11時~午後6時
会場:コクーンシティ コクーン2 おもてなしプラザ
内容:オリンピック・パラリンピックの競技体験

フリースローチャレンジの様子
フリースローチャレンジ
ボッチャの様子
ヌゥもボッチャに挑戦
キックターゲットの様子
キックターゲット

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/オリンピック・パラリンピック部 
電話番号:048-829-1023 ファックス:048-829-1996

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る