ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月27日 / ページ番号:C009118

浦和博物館 展示Web解説 1

このページを印刷する

馬場小室山遺跡出土人面画土器 (ばんばおむろやまいせきしゅつどじんめんがどき)

埼玉県指定有形文化財(考古資料)

馬場小室山遺跡人面画土器の写真
馬場小室山遺跡出土人面画土器


馬場小室山遺跡(緑区)出土
縄文時代晩期

 埼玉県指定史跡 馬場小室山遺跡から出土した、写実的な人面を配した深鉢型の土器です。
 馬場小室山遺跡は、見沼を臨む台地上にある縄文時代早期から晩期に及ぶ集落遺跡です。
 この人面画土器とともに県指定の文化財である土偶装飾土器を含め多種多様な遺物が出土しています。


 

紙本墨書大般若波羅蜜多経(しほんぼくしょだいはんにゃはらみたきょう)

[埼玉県指定有形文化財(典籍) 寄託品]
(しほんぼくしょだいはんにゃはらみたきょう)

 大般若波羅密多経600巻のうち、巻数番号の判明する539巻からなります。
 600巻中最初の400巻は、川越仙波の無量寿寺の僧性尊が、正慶2年(1333年)から暦応元年(1338年)にかけて写経したもので、奥書によると、河越氏一族の繁栄を祈願したものです。残りの200巻は、その後、川越仙波玉林坊の良藝が中心となって写経されていますが、体裁・書体は様々です。
 また、永禄4年(1561年)から同6年にかけ、戦乱を避け、氷川女體神社(緑区宮本荘)の別当寺である文珠寺にいた川越仙波中院の僧奝藝(ちょうげい)によって、岩槻太田氏繫栄のために真読が行われたことが書き込まれています。

紙本墨書大般若波羅蜜多経の写真
紙本大般若波羅蜜多経

見沼通船器材

[さいたま市指定有形文化財(歴史資料)]
(みぬまつうせんきざい)

 見沼通船堀を運航した船で実際に使われていた物です。
 船用の茶だんす、米びつ、飲料水桶、片手桶、水かい出し(大・小)、綱、櫓、帆柱など。
 見沼代用水周辺の村々と江戸とを結ぶ舟運に携わった船頭の仕事や船上での生活を想像できる資料です。

馬場小室山遺跡人面画土器

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/博物館/浦和博物館 
電話番号:048-874-3960 ファックス:048-874-3960

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る