ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年4月13日 / ページ番号:C070922

令和3年度採用さいたま市立学校教員採用選考試験説明(第2回)

このページを印刷する

令和3年度採用さいたま市立学校教員採用選考試験 説明(第2回)

スライド1
YouTube動画(3分11秒)

<<<<<<<<<<以下は、テキスト版です>>>>>>>>>>


 

スライド1

 これから令和3年度採用 さいたま市立学校教員採用選考試験について説明します。第2回は、「さいたま市で働く」についてお送りします。

スライド2

 さいたま市で採用されると、定年退職までさいたま市にある市立学校に勤務することになります。市内のみの異動なので比較的短時間での通勤が可能になります。自分の10年後、20年後の姿を想像したとき、さいたま市であれば、仕事とプライベートを両立するための条件が整っています。

スライド3

 さいたま市の大宮駅は「北の玄関」と言われるように、6つの新幹線が通っており、大変利便性の高い公共交通ネットワークとなっております。実際、東北地方から受験される方が、毎年多くいます。さいたま市は、通勤はもちろん、休日の行楽やふるさとへの帰省など、生活するのに便利な環境が整っていることも大きな魅力です。

スライド4

 次に、勤務条件等について説明します。身分は、さいたま市の職員となり、さいたま市教職員服務規程の適用を受けます。勤務日は、原則、月曜日から金曜日、勤務時間は1日7時間45分です。休日は、日曜日及び土曜日の週休日と、国民の祝日に関する法律に規定する休日です。公立学校共済組合に加入し、社会保険の適用を受けます。また、公務上や通勤途上の負傷等に対して、補償が行われます。

スライド5

 年次休暇は、年間20日付与されます。ただし、4月採用者は、その年は15日となります。給与は、さいたま市から支給されます。初任給の目安は、表のとおりです。さいたま市は、地域手当の支給割合が大きいため、初任給も高くなっています。

スライド6

 休暇等も充実しています。自分のライフスタイルに合わせて、計画的に取得することができます。

スライド7

 例えば、結婚休暇は、結婚式や新婚旅行等、結婚に係る社会通念上必要と認められる諸行事を行う場合、連続する8日の範囲内で取得できます。忌引休暇は、葬儀の日を含めた連続する日数の範囲内で対象者に応じて取得できます。

スライド8

 これで、第2回「さいたま市で働く」を終わりにします。実際に働く条件等もしっかり踏まえた上で、さいたま市の受験をご検討ください。

 

<第1回へ> <第3回へ> <第4回へ>
<さいたま市立学校教員採用選考試験のページへ>

<さいたま市立教育研究所のページへ>

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/教職員人事課 人事係
電話番号:048-829-1653 ファックス:048-829-1990

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る