ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年4月13日 / ページ番号:C070879

令和3年度採用さいたま市立学校教員採用選考試験説明(第1回)

このページを印刷する

令和3年度採用さいたま市立学校教員採用選考試験 説明(第1回)

スライド1
YouTube動画(5分19秒)



<<<<<<<<<<以下は、テキスト版です>>>>>>>>>>

スライド1

 これから令和3年度採用さいたま市立学校教員採用選考試験について説明します。第1回は、「さいたま市教育の魅力」についてお送りします。

スライド2

 さいたま市は、埼玉県の南東部に位置する県庁所在地です。旧浦和・大宮・与野の3市合併により誕生し、全国で13番目の政令指定都市へと移行しました。さらに、旧岩槻市との合併を経て、関東圏域を牽引する中核都市として、さらなる発展を目指していきます。

スライド3

 「SUUMO住みたい街ランキング2019」では、「大宮」が4位、「浦和」が8位となりました。「さいたま市民意識調査」では、さいたま市が住みやすい、さいたま市に住み続けたいと思う人の割合が共に8割を超えており、さいたま市の住みやすさに、市民から評価が集まっており、さいたま市の住みやすさへの評価は、市内外で高まってきています。

スライド4

 その高い評価の一つの要因として、「さいたま市の教育」があります。さいたま市教育委員会では平成31年4月から「第2期さいたま市教育振興基本計画」を始動し、「世界と向き合い 未来の創り手として 輝き続ける人」という「目指す人間像」を掲げました。

スライド5

 さいたま市教育委員会では、2030年度を見据え、本市の教育が目指す人間像の具現化を図るため、基本理念「人生100年時代を豊かに生きる『未来を拓くさいたま教育』の推進」を掲げ、5つの基本的方向性を柱に教育施策を推進しています。「未来を拓くさいたま教育」とは、全国や政令指定都市に先駆けた教育施策や本市独自の教育施策を展開し、我が国においてトップクラスの教育を確立してきた本市ならではの特色を活かした魅力ある教育のことです。 そして、教育をめぐる現状やこれまでの取組の成果と課題等を踏まえ、「未来を拓くさいたま教育」を推進する「PLAN THE NEXT 3つのGで日本一の教育都市へ」という考えを掲げ、さいたま市総合振興計画や第2期さいたま市教育振興基本計画等に基づき、22世紀を見据えた教育施策を積極的かつ着実に推進していきます。1つ目のG、Grit(グリット)は、やり抜く力で「真の学力」を育成すること、2つ目のG、Global(グローバル) は、「国際社会で活躍できる力」を育成すること、3つ目のG、Growth(グロウス)は、一人ひとりの成長を支え、「生涯学び続ける力」を育成することを意味します。

スライド6

 以上の理念を踏まえ、さいたま市は、「豊かな人間性と社会性」「強い使命感と教育への情熱」「幅広い教養と実践的な専門性」を備えた常に学び続ける教師を求めています

スライド7

 さいたま市は「常に学び続ける教師」を支援する研修体制がとても充実しています。「さいたま市立教育研究所」では、キャリア段階や教職員のニーズに合わせ、充実した研修を行っています。初めて教壇に立つ人のために、採用前に行う研修も開講しています。

スライド8

 さらに学生のうちから、さいたま市の教育に直に触れることができる、「さいたま市教員養成あすなろプロジェクト」を展開しています。詳しくは、さいたま市立教育研究所のWebページで確認してください。

スライド9

 さいたま市は、教員の負担や多忙感を解消することを目指し、学校の働き方改革にも本気で取り組んでいます。その効果もあり、令和元年度に実施した意識調査では、92.3%の教職員が「やりがいや満足感を感じている」と回答しました。このような素晴らしい環境が整っているさいたま市の先生を目指しませんか?皆さんと一緒に働ける日を心待ちにしています。

スライド10

 以上で、第1回「さいたま市教育の魅力」についてを終わりにします。さいたま市の受験をぜひご検討ください。



<第2回へ> <第3回へ> <第4回へ>
<さいたま市立学校教員採用試験のページへ>

<さいたま市立教育研究所のページへ>

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/教職員人事課 人事係
電話番号:048-829-1653 ファックス:048-829-1990

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る