ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年9月15日 / ページ番号:C075545

9月21日は「世界アルツハイマーデー」です

このページを印刷する

世界アルツハイマーデーとは

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。
これを機会に認知症への理解を深め、正しい知識を学び、本人とその家族への支援と認知症になっても安心して暮らせるまちについて一緒に考えていきましょう。

なぜ9月21日なの?

1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。

ポスター
www.alzheimer.or.jp/ 認知症の人と家族の会ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

オレンジリング絆フェス

 さいたま市でも、9月21日を中心に認知症の啓発を目的として認知症の人と家族の会埼玉県支部や埼玉県と一緒にイベント等を実施しています。
令和2年度は下記の日程で若年性認知症・本人作品展を行います。

期間:令和2年9月14日(月曜日)~9月30日(水曜日) 
場所:さいたま市役所(入口)、埼玉県庁(本庁舎から第二庁舎への渡り廊下)
時間:午前8時30分~午後5時15分
 ※詳細は、ポスターをご覧ください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/いきいき長寿推進課 介護予防係
電話番号:048-829-1286 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る