ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月10日 / ページ番号:C063020

高齢者虐待の通報・相談窓口について

このページを印刷する

高齢者虐待とは

高齢者虐待とは、次のような行為です。

高齢者虐待の種類と定義
種類 定義 具体例
身体的虐待 高齢者の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。 たたく/つねる/蹴る/やけどをさせる/物を投げつける/医学的判断に基づかない痛みを伴うようなリハビリを強要する/無理に引きずって移動させる/無理やり食事を口に入れる/ベッドに縛り付ける/薬を過剰に服用させる/鍵をかけて閉じ込める(鍵をかけて家の中に入れない) など
介護・世話の放棄、放任(ネグレクト) 高齢者を衰弱させるような著しい減食又は長時間の放置、養護者以外の同居人による虐待行為の放置等養護を著しく怠ること。 入浴しておらず異臭がする/衣服や寝具が汚れたままになっている/水分や食事が十分に与えられていない/室内にごみを放置する/冷暖房を使わせない/医療・介護保険サービスなどを周囲が納得できる理由なく制限したり使わせない/徘徊や病気の状態を放置する/同居人等による虐待行為を放置する など
心理的虐待 高齢者に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応その他の高齢者に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと。 排泄の失敗や食べこぼしなど老化現象やそれに伴う言動を嘲笑する/怒鳴る/侮辱を込めて子どものように扱う/本人の意思を無視して、本人がトイレに行けるのにおむつを当てる/台所や洗濯機など生活に必要な道具の使用を制限する/家族や親族、友人等との団らんから排除する など
性的虐待 高齢者にわいせつな行為をすること又は高齢者をしてわいせつな行為をさせること。 介助がしやすいという理由で、下半身を裸にしたり、下着のままで放置する/人前で排泄行為をさせる、おむつ交換をする/性器を写真にとる/わいせつな映像や写真を見せる など
経済的虐待 高齢者の財産を不当に処分することその他当該高齢者から不当に財産上の利益を得ること。 日常生活に必要な金銭を渡さない、使わせない/年金や預貯金を無断で使用する/入院や受診、介護保険サービスなどに必要な費用を支払わない など

高齢者虐待の通報・相談窓口について

高齢者虐待に関する本市の通報・相談窓口については以下のとおりです。

〇養護者による虐待について
区役所健康福祉部高齢介護課
・西 区 TEL620-2667 FAX620-2762
・北 区 TEL669-6067 FAX669-6167
・大宮区 TEL646-3067 FAX646-3165
・見沼区 TEL681-6067 FAX681-6160
・中央区 TEL840-6067 FAX840-6167
・桜 区 TEL856-6177 FAX856-6271
・浦和区 TEL829-6152 FAX829-6238
・南 区 TEL844-7177 FAX844-7277
・緑 区 TEL712-1177 FAX712-1270
・岩槻区 TEL790-0168 FAX790-0267

シニアサポートセンター(地域包括支援センター)
次のリンク先をご参照ください。
シニアサポートセンター(地域包括支援センター)へご相談ください

〇養介護施設従事者等による虐待について
・保健福祉局長寿応援部介護保険課 TEL 048-829-1265 FAX 048-829-1981

※休日・夜間の通報については、埼玉県虐待通報ダイヤル(以下のリンクを参照)をご利用ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/高齢福祉課 
電話番号:048-829-1259 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る