ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月16日 / ページ番号:C011712

令和2年度認知症介護実践研修(実践者研修)

このページを印刷する

【重要】令和2年度第1回認知症介護実践研修(実践者研修)の再開について

 令和2年5月12日(火曜日)~6月25日(木曜日)に開催を予定しておりました「令和2年度第1回認知症介護実践研修(実践者研修)」につきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け延期しておりましたが、令和2年12月8日(火曜日)~令和3年2月2日(火曜日)の日程で再開いたします。
 本研修は新型コロナウイルス感染予防の観点から集合での研修を見直し、基本的にはオンラインでの研修に変更します。
オンライン研修では、受講システムとしてZoomを利用します。受講にあたっては、パソコン(推奨)またはタブレット、Webカメラ、ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン、インターネット環境を事前にご用意ください。(スマートフォンでは画面が小さいため、資料が見えない場合があります。)

1.目的

この研修は、認知症介護の理念、知識及び技術の習得を目的とします。
認知症介護関連の研修の基礎となる研修で、「認知症介護実践リーダー研修」、「認知症対応型サービス事業管理者研修」、「小規模多機能型サービス等計画作成担当者研修」を受講する際には、本研修を修了していることが要件となります。

2.研修期間

【第1回】

【講義・演習】

令和2年12月8日(火曜日)、 9日(水曜日)、10日(木曜日)、15日(火曜日)、17日(木曜日)、18日(金曜日)、22日(火曜日)、23日(水曜日)の8日間 

【職場実習】

令和2年12月24日(木曜日)~令和3年2月1日(月曜日)の期間で4週間

【実習報告会とまとめ】

令和3年2月2日(火曜日)
 

3.研修会場

課題設定を行う12月23日以外はオンライン研修のため、各自で受講環境を整えて受講して下さい。
課題設定を行う12月23日の会場は受講決定時にお知らせします。

4.受講定員

20名程度

5.受講費用

20,000円(受講料等)

6.受講対象者

原則としてさいたま市内の介護保険施設・事業所等に所属し、身体介護に関する基本的知識・技術を習得しており、身体介護の実務経験が2年以上の者で、インターネット環境等(パソコン、ネット環境、接続スキル、WEB カメラやマイク等の機器など) を整えることができる者のうち、次のいずれかに該当する方

1.指定認知症対応型通所介護事業者の管理者予定者
2.指定認知症対応型共同生活介護事業者の管理者予定者
3.指定認知症対応型共同生活介護事業者の計画作成担当者予定者
4.指定小規模多機能型居宅介護事業所の管理者予定者
5.指定小規模多機能型居宅介護事業所の計画作成担当者予定者
6.指定看護小規模多機能型居宅介護事業所の管理者予定者
7.指定看護小規模多機能型居宅介護事業所の計画作成担当者予定者
8.上記のほか、介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、居宅サービス事業所、居宅介護支援事業所等で高齢者介護に従事する者
※1.、2.、4.及び6.(管理者予定者)については、この研修修了後、認知症対応型サービス事業者管理者研修を受講する必要があります。
※3.、5.及び7.(計画作成担当者予定者)については、この研修修了後、小規模多機能型サービス計画作成担当者研修を受講する必要があります。

7.締め切り

令和2年11月6日(金曜日) 17時必着 ※郵送又は窓口に御持参ください(FAX不可) 

8.その他

申し込み方法のほか、詳細については募集要項を御覧ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/いきいき長寿推進課 介護予防係
電話番号:048-829-1286 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る