ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年3月31日 / ページ番号:C071435

地域包括ケア「見える化」システムを活用した地域分析及び給付実績のモニタリング

このページを印刷する

地域包括ケア「見える化」システムとは

 地域包括ケア「見える化」システムは、都道府県・市町村における介護保険事業(支援)計画等の策定・実行を総合的に支援するための情報システムです。介護保険に関連する情報をはじめ、地域包括ケアシステムの構築に関する様々な情報が本システムに一元化され、かつグラフ等を用いた見やすい形で提供されます。本システム利用の主な目的は以下の通りです。
・地域間の比較等による現状分析から、自治体の課題抽出をより容易に実施可能にする。
・同様の課題を抱える自治体の取組事例を参照することで、各自治体が自ら適した施策を検討しやすくする。
・都道府県・市町村の関係者全員が一元化された情報を閲覧可能となることで、関係者間の課題意識や互いの検討状況を共有することができ、自治体間・関係部所管の連携が容易になる。

分析結果

 地域包括ケア「見える化」システムを利用し、他地域との比較分析を行いましたので、御参照ください。

 ・地域包括ケア「見える化」システムによる分析結果

給付実績のモニタリング

 認定者数、受給者数、サービスの種類別の給付実績を点検し、計画値と実績値との乖離状況等をまとめましたので、御参照ください。

 ・介護保険の給付実績分析

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/長寿応援部/介護保険課 
電話番号:048-829-1264 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る