ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年2月25日 / ページ番号:C070716

生活福祉資金貸付制度における特例貸付(緊急小口資金、総合支援資金)のご案内

このページを印刷する

生活福祉資金貸付制度(特例貸付)について

この貸付制度は、低所得世帯や障害者世帯及び高齢者世帯に低利または無利子で資金を貸付け、世帯の経済的自立及び生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び社会参加の促進を図り、安定した生活が送れるようにすることを目的としています。

この度の新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入が減少した世帯を対象に生活福祉資金貸付制度における特例措置を以下の通り実施することになりました。

1.休業された方向け(緊急小口資金)
  緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸付を行います。
   ■対 象 者  
    新型コロナウイルスの影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯
   ■貸付上限額  
    ・学校等の休業、個人事業主等の特例の場合、20万円以内
    ・その他の場合、10万円以内

2.失業された方等向け(総合支援資金)
  生活再建までの間に必要な生活費用の貸付を行います。
   ■対 象 者
    新型コロナウイルスの影響を受け、収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯
   ■貸付上限額
    ・(二人以上)月20万円以内
    ・(単身)  月15万円以内
     貸付期間:原則 3月以内

なお、貸付の審査、決定には一定期間を要します。(審査結果によっては貸付できない場合もあります。)

詳細は以下のページをご参照ください。

厚生労働省ホームページ(外部サイト)

埼玉県社会福祉協議会ホームページ(外部サイト)

生活福祉資金貸付制度(特例貸付)に関するお問い合わせ先

制度に関するお問い合わせ・ご相談は、直接、さいたま市社会福祉協議会へお願いします。
また、厚生労働省において、コールセンターも設置されています。

○さいたま市社会福祉協議会
 新型コロナウイルス関連生活福祉資金特例貸付相談・受付センター

  電話番号:050-5491-0234  FAX:048-755-9528
  受付時間:9:00~16:00(土・日・祝日除く)

  さいたま市社会福祉協議会ホームページ(外部サイト) 


○コールセンターの開設について

  緊急小口資金等の特例貸付の実施について、厚生労働省において、問い合わせを受け付ける専用ダイヤル「個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コール
 センター」が設けられました。
  ※特例措置の基本的な内容に関する問い合わせに対応します。

  個人向け緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター
           0120-46-1999
     受付時間:9:00~21:00(土日・祝日含む)


  厚生労働省ホームページ(外部サイト)

緊急事態宣言の延長を踏まえた特例総合支援資金の再貸付について

緊急小口資金及び総合支援資金の貸付が終了した方を対象に、総合支援資金の再貸付(最大60万円)を実施します。
受付期間は、令和3年2月19日(金)から3月末までです。
制度に関するお問い合わせ・ご相談は、直接、さいたま市社会福祉協議会へお願いします。

総合支援資金再貸付パンフレット

○さいたま市社会福祉協議会
 新型コロナウイルス関連生活福祉資金特例貸付相談・受付センター

  電話番号:050-5491-0234  FAX:048-755-9528
  受付時間:9:00~16:00(土・日・祝日除く)

  さいたま市社会福祉協議会ホームページ(外部サイト)

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/福祉総務課 計画・法人指導係
電話番号:048-829-1254 ファックス:048-829-1961

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る