ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年2月16日 / ページ番号:C034818

ストーブによる火災にご注意ください!

このページを印刷する

  石油ストーブやファンヒーター、電気ストーブなどの暖房器具の使用には十分にご注意ください。 

ストーブなどの関係する火災は、ちょっとした不注意から発生しています!

●ストーブを使用しながら就寝したため、寝具類が触れて出火した。画像6.
●ストーブの上に洗濯物や濡れタオルを干したため、ストーブの上に落ちて出火した。
●ファンヒーターの吹出口付近に置かれたスプレー缶が温風で熱せられ、破裂して出火した。
●ストーブを消さずに給油していたため、カートリッジタンクのキャップが外れ灯油がこぼれて引火した。

画像7.      画像1.                         

ストーブを使う時に注意することは?

  ★給油はストーブを消してから行いましょう。
 画像8.
  
  ★ストーブの周囲には、紙類、洗濯物、布団など「燃えやすいもの」や「スプレー缶」などを置かないようにしましょう。画像2.画像3.

            ※ 紙や布団などは、直接、炎や発熱体に触れ
             なくても「輻射熱」によって燃え出すことが
             があります。

            ※ 電気ストーブは、見た目には炎がなく安全
             に感じますがとても高い熱を出しています。
            
           
 

  ★ 就寝前やその場を離れるときにはストーブの              ★ 使用していない電気ストーブやファンヒーターの電源
   電源スイッチを切りましょう。                      プラグはコンセントから抜きましょう。
    寝返りなどで寝具類がストーブに触れて火災                小さなお子さん、ペット、落下物などで電源スイッチ
   になることがあります。                         が入ってしまい、思わぬ火災になることがあります。                                      
        画像5.                  画像4.                    

                快適な生活に不可欠なストーブですが、注意を怠ると簡単に火災になります。
                  朝晩の寒いときには、ストーブを使う機会も多いと思います。
                   大切な家族や財産を守るために気をつけましょう!!
                                 
 

この記事についてのお問い合わせ

消防局/予防部/予防課 調査係
電話番号:048-833-7593 ファックス:048-833-7529

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る