ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年6月8日 / ページ番号:C089250

火の見やぐらについて

このページを印刷する

火の見やぐらについて

火の見やぐらとは

火の見やぐらとは、鉄骨などで作られた塔状の見張り台であり、まだ高層の建物などが少なかった時代に、周囲を見渡して火災を早期発見したり、上部に設けた半鐘で警鐘を鳴らし、火消要員を招集するとともに周囲に火災の発生を知らせていたものです。
また、半鐘の鳴らし方で時報や各種情報の発信に用いたりすることもありました。

さいたま市の火の見やぐら

現在、さいたま市では7つの火の見やぐらを所有しており、消防局で管理しています。

北区日進町
西区三橋
見沼区南中野
見沼区大和田町
西区中釘
北区本郷町
見沼区大谷

火の見やぐらの解体

過去、火災の早期発見による消火活動へ大きく貢献してきた火の見やぐらですが、高層建築物の増加や、通信手段の進歩による情報の発信・受信が容易になったことなどから、その必要性が失われているとともに、老朽化による倒壊の危険度が年々高まっています。
消防局では、老朽化した火の見やぐらについて、周辺地域の御理解を得たうえで倒壊等の危険度が高いものから計画的に解体をしています。

この記事についてのお問い合わせ

消防局/総務部/消防施設課 施設管理係
電話番号:048-833-7954 ファックス:048-833-7641

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る