ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年10月7日 / ページ番号:C067339

004 調理中に衣類に着火した火災事例について

このページを印刷する

火災から大切なものを守るために・・・ 火災事例からの予防対策No.4

 台所内において、ガスこんろで調理中に、衣類に着火してしまう火災が発生しています。

 調理中のちょっとした不注意により、ガスこんろの炎が着ていた衣類に着火してしまう事例が発生しています。また、衣類が燃えてしまうだけでなく、やけどを負ってしまうことが多く大変危険です。

●防炎品を使用しましょう。 防炎品は燃えにくい処理が施されているため、被害の軽減が期待できます。

001

 ※詳しくは添付資料(関連ダウンロードファイル、関連リンク)をご確認ください。

 火は私たちの生活に欠かせない重要なものです。しかし、ひとたび火災が発生し、拡大すると炎は財産を焼き尽くし、人命を奪い、多くの大切なものを失います。

  火災から大切なものを守るために、火災を防ぎましょう。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

消防局/予防部/予防課 
電話番号:048-833-7509 ファックス:048-833-7529

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る