ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年9月12日 / ページ番号:C066914

10月6日(日) 取組定常化を見据えた「シャトルバス優先走行化」第3回交通社会実験を実施します

このページを印刷する

eyecatch

 みその都市デザイン協議会では、2018年3月策定の『美園スタジアムタウン:スタジアムアクセス戦略』に基づいて、地域住民の居住環境や地区内立地施設の事業活動等が両立した、安心・安全で円滑かつ快適なスタジアムアクセス環境づくりに取り組んでいます。
 その取組の一環として、サッカー試合終了後における埼玉スタジアム2〇〇2周辺の交通渋滞悪化に伴い利便性の低下したシャトルバスの所要時間改善に向け、シャトルバス優先走行化の第3回交通社会実験を10月6日に実施します。本実験は、昨年9月及び今年3月の2回の実験の結果分析を踏まえ、取組定常化を見据えて規制内容等を変更して実施するものです。
 協議会では引き続き、2020年東京五輪を短期目標に、地区内滞留促進策等の関連事業とも連携・連動しながら、公共交通の利便性向上、歩行環境・自転車走行環境の充実化を図る等、地区内の交通負荷分散に向けた施策を多角的に推進してまいります。

実施内容

実 験 概 要 :
交通渋滞の直接的原因となっている自家用車から、公共交通を中心とした交通手段への転換(モーダルシフト)を目指し、シャトルバスの所要時間改善に向けた優先走行化の社会実験を行います。社会実験の詳細は「https://www.misono-tm.org/udcmi/?p=6853(UDCMi公式ウェブサイト)」をご覧ください。


日       時 :
2019年10月6日(日) 19時頃〜20時頃
※2019明治安田生命J1リーグ第28節 浦和レッズvs清水エスパルス(17時キックオフ)の試合終了後

実 施 体 制 : 
【主催】みその都市デザイン協議会
【運営】浦和レッドダイヤモンズ株式会社、国際興業株式会社、東武バスセントラル株式会社、朝日自動車株式会社、株式会社SPDセキュリA、埼玉スタジアム2〇〇2公園管理事務所、埼玉県浦和東警察署、(一社)美園タウンマネジメント、さいたま市浦和東部まちづくり事務所
【協力】埼玉高速鉄道株式会社、イオンリテール株式会社、埼玉県公園スタジアム課

問 合 せ 先 :
【協議会事務局】
○さいたま市浦和東部まちづくり事務所
 TEL:048-878-5143(平日:8時30分〜17時15分)
○一般社団法人美園タウンマネジメント
 TEL:048-812-0301(火〜金:10〜19時、土祝:9〜16時)
 E-mail:info@misono-tm.org
【シャトルバス優先化社会実験 本部】
 TEL:070-2158-3160(10月6日実験当日のみ)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市局/まちづくり推進部/浦和東部まちづくり事務所 
電話番号:048-878-5143 ファックス:048-878-5141

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る