ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年9月8日 / ページ番号:C074555

清水市長が指定都市自然エネルギー協議会の提言書を提出しました

このページを印刷する

 指定都市 自然エネルギー協議会の第12回総会において決議された「自然エネルギーによる持続可能な社会の構築に向けた提言」について、協議会副会長の鈴木浜松市長とともに、幹事である清水さいたま市長が経済産業省・環境省を訪問し、提言書を提出しました。

提出日

 令和2年7月20日(月)

提出先

1.経済産業省                        2.環境省

   中野 洋昌 経済産業大臣政務官               小泉 進次郎 環境大臣

    経済産業省            環境省

 左から、中野政務官、鈴木浜松市長、清水さいたま市長            左から、小泉大臣、鈴木浜松市長、清水さいたま市長


提言内容

1.自然エネルギーの最大限の導入及び活用に向けた目標値の設定

2.大都市の特性を踏まえた自然エネルギー導入・利用促進策の強化

3.自然エネルギーの導入・活用を促進する基盤の整備

4.新たな技術的・社会的イノベーションの推進

5.自然エネルギーの導入・活用に向けた予算措置等の充実

※提言の全文は下記からダウンロードできます。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 
電話番号:048-829-1323 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る