ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年7月2日 / ページ番号:C073039

外来種とは、もともとその地域になく、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のことを指します。外来植物は数多くの種類がありますが、さいたま市内で多く見かけられるものには、オオキンケイギク、アレチウリ、アメリカオニアザミなどがあります。

オオキンケイギク

(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
             

特徴

 キク科の多年草植物。繁殖力が強く強健な植物です、高さ30センチメートル~100センチメートルになります。また、大群落をつくることもあり、在来種との競合が懸念されています。根元から束状に多数植生しコスモスに似た橙色の花をつけます。開花期は5月から7月頃、葉の小葉は細長い槍状をしています。道端や荒地、河川敷などあらゆるところに定着しますが、種子は風で飛びやすく、道路沿いに繁茂していることが多くあります。なお、オオキンケイギクは特定外来生物※の指定を受けています。

※特定外来生物とは、外来生物法により、生態系等に被害を及ぼすものとして指定された生物です。特定外来生物は、飼養や譲渡、輸入が禁止されており、運搬や栽培、野に放つことなどが禁止されています。

防除

・一旦まん延すると防除が困難になるため、少数でも見つけたら除草等ですぐに防除し、周辺へのまん延を防ぐ必要があります。開花時期以降に種子を付けさせないことが重要です。
・防除には開花前に抜き取りをするなどの対策をすることが重要になります。
・種子だけでなく、地中の茎でも繁殖するため地上部の刈り取りだけではなく抜き取りが必要になります。

処分

・繁殖力が強く、根や種が残っていると同じ所から生えてきます。見えなくなるまで繰り返し除草をお願いします。
・抜き取ったオオキンケイギクは、天日にあてるなどして枯らしてから、もえるゴミとして処分をお願いします。

アレチウリ

(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
(環境省提供)
             

特徴

 ウリ科の一年生草本で他の植物に巻き付いて伸びるつる性の植物です。生育速度が非常に早く、長さ数~十数メートルになります。群生することが多く、軟毛に覆われた丈夫な葉を持ち、緑白色の花をつけます。開花期は8月から10月頃、雌雄同株で種子は大きく、暗褐色で多くの棘を持つ果皮に包まれています。1株あたり4500~25000の種子を作ります。液果は風、雨、動物、人間により伝播されます。なお、アレチウリは特定外来生物※の指定を受けています。

※特定外来生物とは、外来生物法により、生態系等に被害を及ぼすものとして指定された生物です。特定外来生物は、飼養や譲渡、輸入が禁止されており、運搬や栽培、野に放つことなどが禁止されています。

防除

・雨水等で種子が移動し拡散する場合があります。一旦まん延すると防除が困難になるため、少数でも見つけたら除草等ですぐに防除し、周辺へのまん延を防ぐ必要があります。開花時期以降に種子を付けさせないことが重要です。
・種の入った実は硬いトゲがあります。また、つる性の植物で生長すると除草が困難になります。

処分

・繁殖力が強く、根や種が残っていると同じ所から生えてきます。見えなくなるまで繰り返し除草をお願いします。
・抜き取ったアレチウリは、天日にあてるなどして枯らしてから、もえるゴミとして処分をお願いします。

アメリカオニアザミ

さいたま市

さいたま市

さいたま市

             
特徴

 キク科の多年草植物。葉や茎、総苞片に鋭いトゲを持ち、赤紫色の花をつけます。開花期は8月から10月頃。堅く鋭いトゲを持つため、安易に触ると危険ですのでご注意ください。繁殖力が非常に強く、その土地に元々あった植物の生育場所を占領してしまう可能性があります。また、環境省が定める「生態系被害防止外来種 その他の総合対策外来種」に指定されております。

防除

・トゲが鋭いため、草刈鎌等を使用して刈り取るか、スコップを使用して周辺の土ごと掘り返すことが有効です。また、引き抜く際は、皮手袋や厚手のゴム手袋を着用してください。
・多年草であり繁殖力が強いため、除草を行っても株や根が残っていると再生する場合があり、根ごと駆除をしてください。
・除草の際は素手や軍手では触らずに、皮手袋や厚手のゴム手袋を着用し、トゲに注意してください。

処分

・開花時期の駆除は、種子が飛散する可能性があるため、除草後はその場に放置することなく処分してください。
・抜き取ったアメリカオニアザミは、天日にあてるなどして枯らしてから、もえるゴミとして処分をお願いします。
・処分の際は素手や軍手では触らずに、皮手袋や厚手のゴム手袋を着用し、トゲに注意してください。

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 
電話番号:048-829-1332 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る