ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年8月19日 / ページ番号:C006245

さいたま市リサイクル基金について

このページを印刷する

基金設立の趣旨

さいたま市リサイクル基金は、「さいたま市リサイクル基金条例」に基づき、環境教育の普及、ごみ減量及び資源の有効利用の推進等に要する経費に充てるため、資源物(古紙、繊維、びん、かん、ペットボトル)の売払い収入等を財源として設置されています。当基金は、平成6年4月に旧大宮市において設置された後、平成13年5月の三市合併に伴って、さいたま市に引き継がれました。

基金の活用方法

当基金は、現在、以下の3事業において活用されています。

1、学校給食用牛乳パックリサイクル事業

環境教育の一環として、学校給食用牛乳パックのリサイクルを小学生児童自らが体験し、その再生品(フラットファイル・デスクトレー)を手元に還元することで、資源の大切さや、環境に対する配慮を学んでもらっています。

2、「家庭ごみの出し方マニュアル」、「さいちゃんの環境通信」の発行

ごみの適正排出の周知、ごみ減量及びリサイクルの啓発を行うため、「家庭ごみの出し方マニュアルや」「さいちゃんの環境通信」を発行(年度1回)しています。家庭ごみの出し方マニュアル」は全戸配布(市報4月号と併配)、「さいちゃんの環境通信」は公共施設にての拠点配布となります。なお、市ホームページから当該データをダウンロード可能です。

3、環境副読本の作成・配布

環境教育の一環として、毎年、小学校を対象とした環境副読本を作成・配布しています。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

環境局/資源循環推進部/廃棄物対策課 
電話番号:048-829-1336 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る