ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年9月11日 / ページ番号:C064205

Saitama Sunday Soup(あまった食材、スープにしちゃおう!日曜日は食べつくスープ!)

このページを印刷する

あまった食材、スープにしちゃおう! 日曜日は食べつくスープ!

表紙

「日曜日は食べつくスープ!」パンフレット(全体版)(PDF形式 8,295キロバイト)


■ 日曜日は食べつくスープ!とは?

「おいしく減らす、食品ロス」をコンセプトに、
手をつけずに捨てられることが多い「野菜」などの生鮮食材について、

余った食材は、日曜日の夜に、スープにして食べつくそう

という解決策 

Saitama Sunday Soup(サイタマ サンデー スープ)

をさいたま市の新しいライフスタイルとして発信します!

■ PR動画

PR動画(30秒バージョン)

動画

YouTubeで配信しています。(新しいウィンドウで開きます)

PR動画(15秒バージョン)

冷蔵庫整理

YouTubeで配信しています。(新しいウィンドウで開きます)

PR動画(5秒バージョン)

冷蔵庫整理

YouTubeで配信しています。(新しいウィンドウで開きます)

■Instagram(インスタグラム)

     インスタグラム

インスタグラムでは、食べつくスープのレシピを掲載するほか、皆さんが作った食べつくスープの写真を、
本アカウントをフォローの上ハッシュタグ「#さいたま食べつくスープ」を付けて投稿していただくと、
一部をアカウントで紹介します。
詳しくは 食品ロスをおいしく減らそう!Instagram(インスタグラム)で「食べつくスープ」を紹介しています をご覧ください。

アカウント: 日曜日は食べつくスープ(さいたま市資源循環政策課)
@saitama_sunday_soup


■市報さいたま

 市報表紙

「市報さいたま」(2019年11月号)の特集記事は「おいしく減らそう食品ロス」がテーマ。
「食べつくスープ」のレシピ作成にご協力いただいた市内在住のスープ作家 有賀薫さんへのインタビューや、
食品ロス削減のコツなどをわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください!

電子版はこちらでご覧になれます

表紙の「鶏とかぶのホワイトシチュー」のレシピは、このページ(後半)でもご紹介しています。

パンフレットの内容を「動画」でもお楽しみいただけます!

パンフレット本篇の中に2か所、二次元コードがあります。スマートフォンから二次元コードを読み取ると、「冷蔵庫整理術」「スープレシピ」の動画がYou Tubeで再生されます。パンフレットでは伝わりづらいスープの作り方など、わかりやすくご紹介しています!
※ 以下の画像をクリックすると、YouTubeで動画をご覧いただけます。

冷蔵庫整理 冷蔵庫整理
冷蔵庫整理術                           スープレシピ

二次元コードから視聴
冷蔵庫整理      冷蔵庫整理 
   冷蔵庫整理術          スープレシピ


さいたまのパパ、ママ 余った食材は日曜日の夜に スープで食べつくそう。

パンフレットパンフレット

■ 日曜日は食べつくスープの日

あまった食材どうしよう?そうだ、スープにしちゃおう!

■ おいしく減らす食品ロス Saitama Sunday Soup

Saitama 

さいたまのパパ、ママ

Sunday

余った食材は日曜日の夜に

Soup

スープで食べつくそう。

食品ロスの現状と私たちにできること

パンフレットパンフレット

■ 食品ロスの現状

現状1 さいたま市の食品ロスは年間約14,000トン
現状2 まだ食べられる食品が捨てられている。

■ 食品ロス削減へ 私たちができること

Action1 まず、買い方・整理術を身につける!
Action2 買い方・整理術でも余った食材は、日曜日にスープにして食べきる!
Action3 余った食品は、みんなでシェア フードドライブに参加しよう!

○ フードドライブ
公共施設やスーパーマーケット等で、ご家庭で余った食品をフードドライブで回収しています。詳しくはこちら!
一部の拠点では、地域ポイント「たまぽんポイント」がたまり、地域商店などで使える「フードシェア・マイレージ」を実施しています。
※ 詳しくは、余った食品がポイントに! 「フードシェア・マイレージ実証事業」実施中‼をご覧ください。

Action 1 食品ロスをなくし、家計のロスも減らす 買い方&冷蔵庫整理のコツ!

パンフレットパンフレット

■ お買い物のコツ

コツ1.まとめ買いをしません。
コツ2.メインから選びます。
プラスワンAction.購入するときは陳列棚の手前から!

■ 冷蔵庫のかしこい整理術 3つのポイント

Point1.手前と奥を使い分け
Point2.食材別に段を使い分け
Point3.野菜室の有効活用

■ 冷蔵庫のかしこい整理術は、動画でもご覧になれます。

冷蔵庫整理 冷蔵庫整理 冷蔵庫整理
※ 上記画像をクリックすると、YouTubeで動画をご覧いただけます。

二次元コードから視聴
 冷蔵庫整理
3 YouTubeでも配信しています。(新しいウィンドウで開きます)

Action 2 おいしく減らそう食品ロス! 日曜日は余った食材でスープをつくる!「食べつくスープ!」

パンフレットパンフレット

■ 日曜日は余った食材でスープをつくる!「食べつくスープ!」という解決策

01 冷蔵庫の余った食材は、みんなお鍋に投入!
02 コストパフォーマンスも抜群!始めないと、むしろ損!?
03 月曜日もアレンジ料理。味のバリエーションも豊富!

■ 食べつくスープで、こんなイイこと!

日曜日、家族の時間があたたまる
冷蔵庫がスッキリ片づいて気持ちがいい!
スープなら具だくさんで栄養バランスもいい

スープ作家有賀さんのひと手間でおいしい!食べつくスープ レシピ集 

パンフレットパンフレット 

❶ パプリカと残り野菜のミネストローネ

~新しい野菜を主役にして、残り野菜で脇を固める~

冷蔵庫整理

材料:3~4人分 調理時間:30分

数量
パプリカ 1個
たまねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
にんじん 1/2本(100g)

残り野菜(トマト、きのこ類、セロリ、キャベツ、

小松菜、かぶ、ブロッコリー、かぼちゃ、じゃがいもなど)

あわせて

700~800g

ベーコン薄切り 3枚(40g)
トマト缶 1缶
小さじ1.5
オリーブオイル 大さじ4
つくり方
1 パプリカは縦半分に割り、種をとってから3cm角に切る。
たまねぎ、にんじんと他の野菜は1cm角に切る。
ベーコンは2cm角に切る。
にんにくは半分に切って芽を取り、包丁の刃を寝かせて押しつぶす。
2 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で加熱し、香りがたったらたまねぎを入れて中火で炒め、にんじんを加える。
しっかり炒めたら、トマト以外の残りの野菜も順に加えて炒める。
塩、水(少し)を加えて10分蒸らす。
3 ベーコン、トマト、トマト缶、水800mLを加えて煮立たせてアクをとる。
パプリカを入れて火を弱め、20分ほど煮込む。
味をみて塩で調節する。
※ 煮込みを30~40分すると、よりおいしく味がなじみます!

「パプリカと残り野菜のミネストローネ」のつくり方は、動画でもご覧になれます。

冷蔵庫整理 冷蔵庫整理 冷蔵庫整理
※ 上記画像をクリックすると、YouTubeで動画をご覧いただけます。

二次元コードから視聴
 冷蔵庫整理
3 YouTubeでも配信しています。(新しいウィンドウで開きます)

➋ ミネストローネが早変わり!変身レシピ

たくさん作ったスープを保存して、ひと手間加えて違う味に!
毎日飽きずに食べられます。

月曜日は「ショートパスタ入りミネストローネ」

冷蔵庫整理

材料:1人分 調理時間:7分 数量
ミネストローネ 基本の量の1/4
ショートパスタ 50g
粉チーズ 小さじ1
少々
つくり方
1 ミネストローネを中火にかける。
2

ショートパスタを大きめの耐熱容器に入れ、水200mLを加えて600Wのレンジに3分かける。

湯を切り、1の鍋に加える。

3 パスタがやわらかくなったら塩で味を調え、火を止めて器に盛り、粉チーズを振る。


火曜日は「ミネストローネ・チキンカレー」

冷蔵庫整理

材料:2人分 調理時間:12分 数量
ミネストローネ 基本量の1/2
鶏もも肉(豚肉、ひき肉でもOK) 100g
オリーブオイル 小さじ2
カレールー 30g ※フレーク状のものが便利
ごはん 適宜
つくり方
1 鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。
2

鍋にオリーブオイル小さじ2を熱し、鶏もも肉を入れて約2分、表面の色が変わったらミネストローネと水100mLを加えて7~8分煮込む。

3 カレールーを加えて溶かす。

➌ 白菜としょうがの中華風クリームスープ

~残りがちな白菜と牛乳をまとめて使いきる~

冷蔵庫整理

材料:2人分 調理時間:20分 数量
白菜 300~400g ※1/4個の半分ぐらい
乾燥桜えび 大さじ1
しょうが 1片(約15g)
ごま油 大さじ1
小さじ1
牛乳 200mL
片栗粉 小さじ2
つくり方
1

白菜は繊維を断ち切るように、1cmの細切りにする。

しょうがはスライスする。

2

深めのフライパンに、しょうがとごま油を入れて弱火にかける。

香りがたったら、白菜を加え、中火にして炒める。

油がまわったら桜えびと水300mLを加えてしっかりとふたをして、約10分煮込む。

3 牛乳に片栗粉と塩をよく混ぜ、白菜がやわらかくなったら加えて混ぜながら、とろみがつくまで温める。

➍ 大根皮と大根の葉の味噌汁

~大根の皮も、ひと工夫で家族みんなが喜ぶごちそうに~

冷蔵庫整理

材料:4人分 調理時間:15分 数量
大根の皮 1本分
大根 4cm分 ※皮だけでも可
大根の葉 少々

ひき肉

(細切れ肉や鶏肉、ベーコンなどでもOK)

50~60g
サラダオイル 小さじ1
だし 600mL
味噌 大さじ4~5 ※味噌の塩分により調節
つくり方
1  

大根の皮は、長さ4cm、幅1cmぐらいに切りそろえる。

大根も長さはそのままに、1cm角ぐらいに切る。

大根の葉はいろどりに少し刻んでとっておく。

2

鍋にサラダオイルをひいて中火にかけ、大根の皮を入れて軽く炒める。

肉を加えてほぐし、だしを加えて、アクが出て来たらとりながら約7~8分、やわらかくなるまで煮る。

3 大根の皮が煮えたら、大根の葉を加え、味噌を溶き入れる。

➎ 鮭とグリーンピース、じゃがいものスープ

~冷凍庫につい置きっぱなしになりがちな冷凍素材を使いきり!~

冷蔵庫整理

材料:4人分 調理時間:15分 数量
冷凍グリーンピース 200g
甘塩鮭 小4切れ
たまねぎ 1/2個

じゃがいも

大1個
バター 20g
小さじ1/2~1
こしょう ひとふり
つくり方
1  

グリーンピースを耐熱容器に入れ、600Wのレンジに3~4分かけて解凍する。

たまねぎは粗みじん切り、じゃがいもは小さめの角切りにする。

2

たまねぎを鍋に入れ、大さじ2の水を加えて強火にかける。

水分が飛んだら中火にし、バターとじゃがいもを加えてさらに炒める。

1のグリーンピースを鍋に加え、水100mLを加えて5分煮る。

3

鮭を野菜の上に並べ、約3分煮る。

鮭に火が通ったら水500mLを加え、塩小さじ1/2を加える。

味をみて、足りない分を塩とこしょうで調節して出来上がり。

➏ 鮭と青菜の押し麦リゾット

~乾物や瓶詰の残りを使ってレンジで簡単!~

冷蔵庫整理

材料:1人分 調理時間:7分 数量
押し麦 45g(小袋1袋分)
鮭フレーク 大さじ1
青菜(小松菜、菜の花、ほうれん草など) 1株
少々
つくり方
1  

押し麦と水200mLを耐熱容器に入れ、器の端をあけてラップをかけ、600Wのレンジに4分かける。

2

鮭フレークを加え、レンジに1分半かける。

3

刻んだ青菜と水50mLを加え、レンジに1分かける。

全体を混ぜて味をみて、足りなければ塩で調節する。

鮭フレークが残っていれば塩のかわりに追加してもよい。

※ レンジによって差があるため、加熱時間を調節してください。

➐ きのこと豚肉のスープ

~きのこは買ったときに全部料理してしまう逆転の発想で~

冷蔵庫整理

材料:4人分 調理時間:12分 数量
好みのきのこ(しめじ、まいたけ、しいたけ、エリンギ、えのき、ひらたけ等) 3パック ※350~400g
豚肉肩ロース薄切り 60~70g ※切り落としでも可
サラダオイル 大さじ3
小さじ1
(好みで)青ねぎのみじん切り 少々
つくり方
1  

きのこは、いしづきをとり、手で割けるものは割く。

エリンギやしいたけなど、大きなきのこは包丁で幅1cmぐらいに切る。

エリンギ、えのきなど長いものは食べやすい長さに切る。豚肉は1cm幅ぐらいに切る。

2

フライパンに油をひいて豚肉を中火で炒める。肉の色が変わったらきのこを一気に入れる。

箸できのこを広げ、あまり動かしすぎないようにして約2分、加熱する。

塩と水50mLを加え、箸でときどき混ぜながら水分がなくなるまでさらに加熱する。

3 水600mLを加えてあたため、塩で味をととのえる。好みで青ねぎのみじん切りを散らす。

※ 冷凍する場合は2の段階で小分けして保存容器などに入れて冷凍し、食べるときは解凍して利用する。

➑ きのこと豚肉のスープが早変わり!変身レシピ

たくさん作ったスープを保存して、ひと手間加えて違う味に!
毎日飽きずに食べられます。

月曜日は「きのこのミルクスープスパゲティ」

冷蔵庫整理

材料:1人分 調理時間:7分 数量
きのこと豚肉のスープ 基本量の1/4
100mL
牛乳または豆乳 50mL
スパゲティ 80g
(好みで)粉チーズ 少々
つくり方
1  

スパゲティをゆでる湯を沸かし、塩を加える。

「きのこと豚肉のスープ」に水100mLと牛乳または豆乳50mLを加え、鍋かレンジであたためる。
※ レンジの場合は、600Wで約1分半~2分。

2 スパゲティを袋の表示時間どおり茹で、ざるに上げ、器に盛って「きのこと豚肉のスープ」をかけ、好みで粉チーズをかける。


火曜日は「きのことチキンのカレー」

冷蔵庫整理

材料:2人分 調理時間:12分 数量
きのこと豚肉のスープ 基本量の1/2
鶏もも肉 100g
たまねぎ 1個
500mL
カレールー 50g ※フレーク状のものが便利
ごはん 適宜
つくり方
1  

鶏もも肉は、一口サイズに切る。

たまねぎは、皮をむいて薄切りにする。

2

鍋にたまねぎとサラダオイル大さじ1を入れて火にかけ、軽く色づくまで炒める。

鶏もも肉も加えて炒め、表面の色が変わったら「きのこと豚肉のスープ」と水500mLを加え、7~8分煮込む。

3 カレールーを加えて煮溶かす。

➒ パセリの肉コンソメ

~買ったはいいものの余りがちな食材で~

冷蔵庫整理

材料:4人分 調理時間:5分 数量
刻みパセリ ひと束分
ひき肉(好みのもの) 150g
小さじ2/3
つくり方
1  

鍋にひき肉と塩を入れ、水600mLを少しずつ加えてのばすようによく混ぜる。

2

火にかけて沸騰したらアクをとり、約2分煮る。

3

刻みパセリを加える。

❿鶏とかぶのホワイトシチュー(「市報さいたま」令和元年11月号掲載レシピ)

~残ってしまった牛乳と好きな具材を組み合わせれば、簡単ミルクスープの完成!~
「市報さいたま」(2019年11月号)の特集記事は「おいしく減らそう食品ロス」がテーマ。
「食べつくスープ」のレシピ作成にご協力いただいた市内在住のスープ作家 有賀薫さんへのインタビューや、
食品ロス削減のコツなどをわかりやすくまとめていますので、ぜひご覧ください!
電子版はこちらでご覧になれます

スープ

材料:2人分 調理時間:30分 数量
鶏もも肉 1枚(約350g)
たまねぎ 1個
かぶ 中2個
にんにく 1片
牛乳 150ml
小麦粉 大さじ2と1/2
サラダ油 大さじ2
小さじ1
こしょう 少々
500ml
つくり方
1   鶏もも肉は一口大に切り、塩とこしょうを振っておく。たまねぎは細めのくし切りにする。かぶは葉としっぽを切り落として4~6つ割りに。かぶの葉は1/2個分を4cm幅に切っておく。にんにくはつぶしておく。
2 鍋にサラダ油とたまねぎ、にんにくを入れ、中火で色づかないように炒める。そこに小麦粉を振り入れ、粉っぽさが無くなるまでよく炒める。水500mlを最初は大さじ1~2ぐらいずつ加えては混ぜて伸ばし、ある程度伸びたら残りの水と鶏肉とかぶを加える。
3 沸騰したらアクを取り、弱火にしてときどき混ぜながら12分~15分ほど煮込む。かぶの葉を加えてさらに3分ほど煮る。牛乳150mlと塩小さじ1を加え(塩は一度に全部入れずに、まず2/3ぐらい入れて少しずつ足すとよい)、味を見て塩とこしょうで調える。

国際学院埼玉短期大学 × Saitama Sunday Soup!

国際学院埼玉短期大学(大宮区)の学生の皆さんに、余った食品をおいしく食べきる
「Saitama Sunday Soup(日曜日は食べつくスープ!)」のレシピを考案していただきました!
余った食材をたっぷり使って、バランスよく栄養が取れるおいしい食べつくスープです。

余った野菜でコンソメスープ

国際学院埼玉短期大学コンソメスープ

材料:4人分 調理時間:15分 数量
にんじん 80g
ハム 40g
油揚げ 25g

長ねぎ

10g
2g
コンソメ 5g
塩・こしょう 少々
400ml
つくり方
1  

にんじんは乱切り、油揚げは細切り、ハムは角切り、長ねぎは小口切りにする。

2

鍋で1の具材を油で炒める。

3

水とコンソメを入れて、中火で煮込む。

4 塩・こしょうで味をととのえる。


余った野菜でトマトスープ

国際学院埼玉短期大学トマトスープ

材料:4人分 調理時間:15分 数量
ミニトマト 130g
たまねぎ 75g
豆腐 130g

赤インゲン豆

80g
砂糖 5g
塩・こしょう 少々
コンソメ 5g
2g
400ml
つくり方
1  

ミニトマトをビニール袋の中に入れてつぶす。

2

たまねぎを鍋に入れ、油で炒める。

3

水とコンソメ、ミニトマト、赤インゲン豆を入れて煮る。

4 豆腐を入れる。
5 砂糖、塩、こしょうで味をととのえる。


ワンポイント:古くなったにんじんは・・・

レシピで使っているにんじんは、水分が抜けてしなびてしまったもの。
頭の部分を1日水につけて、復活した部分を使うと、古いにんじんとは思えないほど
シャキシャキとした食感になるそうです!

しなびたにんじんが復活

作ってみました!「食べつくスープ」

10月の「食品ロス削減月間」にあわせ、さいたま市内及び近隣の大学が加盟する
「大学コンソーシアムさいたま」及び「東京ガス株式会社」と連携し、「食べつくスープ」を実際に作って、試食する料理教室を開催しました。

当日は、「人間総合科学大学」と「国際学院埼玉短期大学」の学生の皆さんにご参加いただき、
野菜がたっぷり入ったスープを含む5品を作っていただきましたので、その模様をご紹介します!

くわしくはこちら!

スープ

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/資源循環推進部/資源循環政策課 政策推進係
電話番号:048-829-1338 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る