ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月5日 / ページ番号:C005393

工場や事業場の水質規制について(下水道)

このページを印刷する

工場・事業場から下水を流す場合のルール

雨のイラスト

公共下水道にはどんなものでも流せるわけではありません。

強酸性の下水を流すと下水管を腐食させますし、有害物質を含む下水などを流すと下水処理施設で下水を処理する微生物の働きを弱め、処理機能を低下させます。また油脂類や高濃度の有機物質、浮遊物は、下水管を詰まらせたり下水処理にかかる負担を大きくしたりします。

公共下水道の機能及び構造を保全し、下水処理施設の機能を適正に保つため、こうきょうげすい下水を排除する工場・事業場に対しては水質規制を実施しています。

下水道の排除基準値について
下水道を利用する場合、排水の水質が排除基準以下でなければ流すことはできません。

特定施設等の届出について
特定施設等を設置する場合、事前に届出の必要があります。

水質測定義務と報告について
特定施設を設置している工場・事業場においては、その水質を測定し、記録しておかなければなりません。

除害施設等の維持管理について
除害施設等を設置した場合には、管理責任者を選任し、日常の点検や整備を通して、適切な処理が行われるよう心がけてください。

事故時の措置と報告について
有害物質や油を含む排水が下水道に流入する事故が発生した場合には、応急の措置及び届出を行うことが必要となります。

水質規制に係る届出書式一覧
下水道の水質規制に係る届出について、定められた書式がありますので、こちらからダウンロードしてご利用ください。

立入検査について

市では、公共下水道の機能および構造を保全し、下水処理場の機能を適正に保つために、排水量の多い工場・事業場や有害物質を排出するおそれのある工場・事業場について、定期的に立入検査を行っています。
その際に、排水設備、特定施設、除害施設の稼動状況や下水の水質等の検査を実施し、必要に応じて施設の運転方法や改善等を命じる場合があります。

立入検査の様子4
立入検査の様子3


水質規制の概要

水質規制の概要について、下記リーフレットにまとめています。ご覧ください。

・工場・事業場の皆様へ 下水道の水質規制

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

建設局/下水道部/下水道維持管理課 
電話番号:048-829-1559 ファックス:048-829-1975

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る