ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月26日 / ページ番号:C009188

住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)

このページを印刷する

一定の期間に居住の用に供し、前年分の所得税において住宅借入金等特別控除の適用を受けた方で、控除しきれない金額がある方は、個人市民税・県民税の所得割額から一定の金額が控除されます。

控除の対象となる方

平成11年から平成18年まで又は平成21年から令和3年12月31日までに居住の用に供し、前年分の所得税において住宅借入金等特別控除の
適用を受けた方で、控除しきれない金額がある方。

控除される金額

  1. 特定取得(住宅の取得対価又は費用の額に含まれる消費税等の税率が8%である場合)に該当しない場合
    次のいずれか小さい金額が個人市民税・県民税の所得割額から控除されます。
    ・所得税の住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税額から控除しきれなかった額
    ・所得税の課税総所得金額、課税退職所得金額及び課税山林所得金額の合計額の5%
    ・97,500円
  2. 特定取得(住宅の取得対価又は費用の額に含まれる消費税等の税率が8%である場合)に該当する場合
    次のいずれか小さい金額が個人市民税・県民税の所得割額から控除されます。
    ・所得税の住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税額から控除しきれなかった額
    ・所得税の課税総所得金額、課税退職所得金額及び課税山林所得金額の合計額の7%
    ・136,500円
  3. 特別特定取得(消費税等の税率10%が適用される住宅取得等で、令和元年10月1日から、令和2年12月31日までに
    居住の用に供した場合。詳しくは、こちら)に該当する場合
    次のいずれか小さい金額が個人市民税・県民税の所得割額から控除されます。
    ・所得税の住宅借入金等特別控除可能額のうち、所得税額から控除しきれなかった額
    ・所得税の課税総所得金額、課税退職所得金額及び課税山林所得金額の合計額の7%
    ・136,500円

控除の適用を受けるための手続き

  • 前年に居住の用に供した場合
    住所地の所轄税務署に対して、一定の書類を添付した「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」を提出(※)します。
  • 前々年以前に居住の用に供した場合
    住所地の所轄税務署に対して、一定の書類を添付した「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」を提出(※)するか、勤務先で
    年末調整を行います。
    (注)平成30年度分以前の個人住民税については、一定の書類を添付した「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」を各年度分
    の納税通知書(特別徴収税額決定通知書を含みます。)が送達される時までに提出します。

お問い合わせ先

(1)北部市税事務所個人課税課 大宮区役所5階(〒330-8501 大宮区吉敷町1-124-1)
   普通徴収第1係(大宮区担当) 電話 048-646-3102
   普通徴収第2係(西区・見沼区担当) 電話 048-646-3103
   普通徴収第3係(北区・岩槻区担当) 電話 048-646-3104
   FAX:048-646-3164
(2)南部市税事務所個人課税課 ときわ会館2階(〒330-0061 浦和区常盤6-4-21)
   普通徴収第1係(浦和区担当) 電話 048-829-1386
   普通徴収第2係(中央区・緑区担当) 電話 048-829-1387
   普通徴収第3係(桜区・南区担当) 電話 048-829-1389
   FAX:048-829-6236

税務署の書類に関する内容は、管轄区域の税務署にお問い合わせください。

管轄区域

所在地

電話番号

大宮税務署

西区、北区、大宮区、見沼区

〒330-0801 大宮区土手町3-184

048-641-4945

浦和税務署

中央区、桜区、浦和区、南区、緑区

〒330-9590 中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館

048-600-5400

春日部税務署

岩槻区

〒344-8686 春日部市大沼2-12-1

048-733-2111

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/市民税課 管理・企画係
電話番号:048-829-1913 ファックス:048-829-1986

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る