ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月6日 / ページ番号:C014314

公的年金等受給者の場合、個人市民税・県民税の税額はどうなりますか?

このページを印刷する

※平成30年度より個人市民税・県民税の所得割の税率について変更がありました。詳しくはコチラ(平成30年度から適用される個人市民税・県民税の主な改正)(新しいウィンドウで開きます)

計算例

項目 内容
家族構成 本人(68才)、配偶者(67才、収入なし)
公的年金収入 2,500,000円
支払った社会保険料 200,000円

所得割額

所得金額

所得の計算
雑所得 2,500,000円(公的年金収入)-1,200,000円=1,300,000円

(補足)公的年金等の雑所得の求め方は「所得の種類と所得金額の算出方法」の下段にある公的年金等の雑所得速算表をご覧ください。

所得控除額

所得控除額の計算
控除の種類 控除額
社会保険料控除 200,000円
配偶者控除 330,000円
基礎控除 330,000円
合計 860,000円

課税標準額

課税標準額の計算
課税標準額 1,300,000円(所得金額)-860,000円(所得控除額)=440,000円

(補足)1,000円未満の端数がある場合は切り捨てます。

所得割額

税額の計算
市民税 県民税
税率の適用 440,000円×8%=35,200円 440,000円×2%=8,800円
調整控除 4,000円 1,000円
所得割額 35,200円-4,000円=31,200円 8,800円-1,000円=7,800円

(補足)所得割額は、100円未満の端数がある場合は切り捨てます。
(補足)調整控除額
合計課税所得金額が200万円以下の場合に該当するため、(1)人的控除額の差の合計額、(2)合計課税所得金額のいずれか少ない金額の5%(市民税4%、県民税1%)に相当する金額が調整控除額となります。詳しくは「調整控除」をご覧ください。
(1)人的控除額の差の合計 100,000円(基礎控除、配偶者控除分)
(2)合計課税所得金額 440,000円
→いずれか少ない方:100,000円

調整控除額の計算
調整控除額
市民税 100,000円×4%=4,000円
県民税 100,000円×1%=1,000円

均等割額

均等割額
市民税 県民税
均等割額 3,500円 1,500円

税額

税額
市民税 県民税
所得割額 31,200円 7,800円
均等割額 3,500円 1,500円
合計年税額 34,700円 9,300円

納付すべき税額(年額)は、34,700円+9,300円=44,000円です。

お問い合わせ先

(1)北部市税事務所個人課税課 大宮区役所5階(〒330-8501 大宮区吉敷町1-124-1)
   普通徴収第1係(大宮区担当) 電話 048-646-3102
   普通徴収第2係(西区・見沼区担当) 電話 048-646-3103
   普通徴収第3係(北区・岩槻区担当) 電話 048-646-3104
   FAX:048-646-3164
(2)南部市税事務所個人課税課 ときわ会館2階(〒330-9588 浦和区常盤6-4-21)
   普通徴収第1係(浦和区担当) 電話 048-829-1386
   普通徴収第2係(中央区・緑区担当) 電話 048-829-1387
   普通徴収第3係(桜区・南区担当) 電話 048-829-1389
   FAX:048-829-6236

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/市民税課 管理・企画係
電話番号:048-829-1913 ファックス:048-829-1986

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る