ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月26日 / ページ番号:C001694

退職した場合の市民税・県民税は?

このページを印刷する

質問1

私は今、市民税・県民税が給与から差し引かれていますが、今度の10月に結婚のため退職します。退職後の市民税・県民税はどうなりますか。

回答1

給与所得者で市民税・県民税を毎月給与から差し引かれている方は、6月から翌年の5月までの12回で1年分を納めることになっています。あなたの場合は、10月に退職されるので、11月から翌年の5月までの7回分が給与から差し引くことができなくなるため、納税通知書により、ご自分で納めていただくことになります。

普通徴収へ切替
なお、あなたが給与支払者(雇用主)に申し入れることにより、10月に支払われる給与(又は退職手当等)から一括して差し引くこともできますので、退職前に給与支払者とご相談ください。
また、次年度の市民税・県民税は、今年の1月から12月までの間に一定以上の収入がある場合は課税されます。

質問2

私は3月に定年退職しました。退職するまで毎月の給与から差し引かれていた市民税・県民税の金額が3月だけ3倍になっていました。どうして差し引かれた金額が多くなっていたのでしょうか。

回答2

課税された翌年の1月1日から4月30日までに退職された場合は、給与支払者(雇用主)は支払いをする給与又は退職手当等から残りの市民税・県民税を徴収しなければならないと地方税法で規定されています。
このため、退職しなかった場合4月・5月の給与から差し引かれるはずだった市民税・県民税を3月の給与等から一括して差し引いたため、金額が3倍になったものです。
なお、最後の給与等から一括して差し引くことができない場合は、納税通知書によりご自分で納めていただくこととなります。

一括徴収

お問い合わせ先

(1)北部市税事務所個人課税課 大宮区役所5階(〒330-8501 大宮区吉敷町1-124-1)
   普通徴収第1係(大宮区担当) 電話 048-646-3102
   普通徴収第2係(西区・見沼区担当) 電話 048-646-3103
   普通徴収第3係(北区・岩槻区担当) 電話 048-646-3104
   FAX:048-646-3164
(2)南部市税事務所個人課税課 ときわ会館2階(〒330-0061 浦和区常盤6-4-21)
   普通徴収第1係(浦和区担当) 電話 048-829-1386
   普通徴収第2係(中央区・緑区担当) 電話 048-829-1387
   普通徴収第3係(桜区・南区担当) 電話 048-829-1389
   FAX:048-829-6236

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/市民税課 管理・企画係
電話番号:048-829-1913 ファックス:048-829-1986

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る