ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年2月15日 / ページ番号:C072681

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた障害年金診断書の提出期限の延長について

このページを印刷する

令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方について、提出期限がそれぞれ1年間延長されます。

診断書提出期限の延長の内容

  • 対象者:令和2年2月末から令和3年2月末までに提出期限を迎える方
  • 延長後の提出期限:現在の提出期限の1年後
  • 対象地域:全国(海外に居住する受給権者等も含む)

なお、延長後の提出期限前に症状が悪化した場合は、増額改定の請求を行うことができます。
※障害等級3級で65歳以上の方は請求できない場合があります。

既に診断書を提出された方について

対象者のうち、既に診断書を提出いただいた方については、診断書を審査した上で、不利益にならないよう、以下の取扱いとなります。

  • 障害等級継続または増額改定と判定された場合は、延長前の提出期限の翌月から、判定結果を反映します。
  • 減額改定・支給停止と判定された場合は、現状の支給を継続し、延長後の提出期限時に、再度、診断書を提出いただき、審査・判定を行います。

※障害年金の更新期間は1~5年の間で設定されており、更新期間満了(誕生月末日)までに診断書を提出し、障害等級に該当していることが確認されれば、障害年金の受給が継続される仕組みです。(永久固定の場合は、診断書の提出は不要です。 

日本年金機構ホームページ(新しいウィンドウで開きます)にも詳しい案内があります。

新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言を踏まえた障害年金診断書の取扱いについて

障害年金を受給されている方は、提出期限までに、障害年金診断書を日本年金機構に提出していただく必要があり、期限までに提出されない場合は、通常は、障害年金の支払いが一時差止めとなります。

障害年金診断書の作成可能期間は3か月間とされていますが、緊急事態宣言(期間:令和3年1月8日~同年3月7日)の対象地域に居住する方や、圏域をまたいで対象地域の医療機関を受診する方が、医療機関を受診できず、通常の手続きを円滑に行うことができない場合が想定されるため、特例的な措置として、以下の取扱いとなります。

  1. 提出期限が令和3年2月末日である方
    令和3年4月末日までに障害年金診断書が提出された場合は、障害年金の支払いの一時差止めは行いません。
  2. 提出期限が令和3年3月末日または4月末日である方
    令和3年5月末日までに障害年金診断書が提出された場合は、障害年金の支払いの一時差止めは行いません。

日本年金機構ホームページ(新しいウィンドウで開きます)にも詳しい案内があります。

お問い合わせ

お問い合わせは年金事務所まで

  • 西・北・大宮・見沼・中央区にお住まいの方
    大宮年金事務所 電話番号 048-652-3399
    大宮年金事務所のご案内(新しいウィンドウで開きます)
  • 桜・浦和・南・緑区にお住まいの方
    浦和年金事務所 電話番号 048-831-1638
    浦和年金事務所のご案内(新しいウィンドウで開きます)
  • 岩槻区にお住まいの方 春日部年金事務所
    電話番号 048-737-7112
    春日部年金事務所のご案内(新しいウィンドウで開きます)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 国民年金係
電話番号:048-829-1239 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る